大学生活は楽しいのか!?ある東大生のリアル大学生活4年間

中だるみの権化 リアル大学2年生

高校生だから知っておきたい !リアルな大学4年間
大学に慣れ、時間もあり、最もやりたいことができる時期。勉強やサークルやバイトに熱中する人もいれば、自由さに甘えて1日家でネットをしたり、ゴロゴロしたりする人もいる。

学業

「大学に行く意味」を考える

この頃効率のよい単位の取り方をマスターし、人によっては大学に行く頻度が少なくなる。「単位を取るためだけに大学来たんだっけ?」と思ってしまう。4年次あたりでこの頃の生活を後悔する。

文理が違う生物に

大学や学部によって様々だが、一般にこの時期に文系は必修も減り、授業のコマ数が減っていく。その一方理系は専門科目が高度化し、どんどん忙しくなる。

サークル

リスタート

時間に余裕ができることから、2年次から新しいサークルに入る人も多数。中には自分でサークルを作ってしまう人もいる。

執行学年

大学では2年生か3年生がほとんどのサークルの中心になる。日々の活動の運営だけでなく、OBとのやりとりや外部との連絡など、良い社会経験を積める。

その他

バイト充実期

高校生だから知っておきたい !リアルな大学4年間
バイトとは?

バイト(アルバイト)は、大学生のおよそ7割がやっており、大学生には、塾講師、家庭教師、飲食店のバイトが特に人気です。2~3個のバイトを掛け持ちする人も珍しくありません。

お金と経験の一挙両得!

バイトのメリットは、まずなんと言ってもお金。普段の学費・生活費・交際費の足しになるだけでなく、自分で稼いで貯めたお金で海外旅行に行ったり買い物したりして得る満足感も、大きなやりがいになります。

また、大学に通っているだけでは見えない、社会の仕組みや人々の行動を知る貴重な経験となるというのも、バイトの大きなメリットです。

お金と時間、どっちが大事?

しかし、バイトのやり過ぎで後悔している大学生が多いことに注意が必要です。

「バイト先でバイト後は夜通し飲み会をしたところ、そこでその日稼いだバイト代を使い切ってしまうことが頻繁にあり、お金が全く貯まらなかった」

「バイトに熱中し週6でシフトに入れたところ、人手不足だからと上司に懇願され、テスト前にもシフトを減らせなかった。結果、勉強時間が足りず留年してしまった。」などという声も多く聞かれます。

こういった後悔をしないためにも、バイトのやり過ぎには要注意です。

大学生とお酒

20歳になるとお酒が飲めるようになるため、コンパや懇親会の回数が増える。

飲み過ぎ、イッキ飲み、未成年飲酒は絶対にダメ。

次ページ:疑問を感じる…リアル大学3年生




皆さんの意見を聞かせてください!
合格サプリWEBに関するアンケート