自分に合わない参考書を買ってしまった…そんな時は買取してもらおう!

goukaku-suppli_2015-12-25_14-48-58.jpg

自分に合わなかった参考書はどうするべきか

「気になった参考書、実際に購入して使ってみたけど、自分には合わなかった…」

そんな経験、一度はあるのではないでしょうか?

不要になった参考書は、自宅に置きっぱなしにしておいても邪魔になりますし、何より高いお金を払って買った参考書を放置しておくのはもったいないです。

そこで今回は、不要になった参考書を活用するおすすめの方法をご紹介します。

実は参考書は高く売れる!

有効活用の方法とはズバリ“売ってしまう”ということです!

実は参考書というのは、他の小説や雑誌などとは違い、常に必要としている後輩がいるため、値崩れがしにくく、高値で買い取ってもらうことができます。

中には定価以上の価格で買い取ってもらえる参考書も多数あります。



また予備校や人気講師のオリジナル教材は、その塾に通った人やその先生に習った人しか入手することができないため、プレミアが付き非常に高値で取引をされていることがあります。

そういった理由から、書き込んでしまった参考書や買ってから時間が経った参考書でも実は意外と高値で売れることがあるのです。

不要な参考書を売れば、その参考書は必要としている後輩の手に渡り有効活用される!

また使わなくなった参考書を売れば、まず自分にはお金が入るので、新しい参考書を買ったり、文房具などを買うお金として有効活用することができます。

また、手放した参考書は、その本を必要としている人や後輩の手に渡り有効活用されることになります。

何もしなければ、家の中でただ邪魔になっていた参考書が、売り渡すことで自分の手元にはお金が入り、なおかつ参考書は有効活用される。

これぞまさにwin-winの関係になるのです!

実際にどのくらいの価格で売れるのか

では実際にどの程度の価格で買い取ってもらえるのでしょうか。

大学受験参考書・赤本 専門買取サイト「学参プラザ」のTwitterを見て調べたところ、1冊300〜700円程度、高いものだと1冊3000円を超えるものもあるようです。

不要になった参考書が、これだけの価格で売れるのはとても魅力的ですよね。

参考書専門の買取業者に頼むのが1番高く売れ、査定から支払までの流れもスムーズ

参考書を売るときは、地元の中古本屋などではなく、参考書専門の買取業者に頼むようにしましょう。

予備校のテキスト等は、普通の本屋では買い取ってもらえない(買い取ってもらえたとしても、価値が分からず安値になってしまう)ことがありますが、専門業者であれば1点1点しっかりと適正な査定をしてもらえ、なおかつ独自の販売ルートを持っているため買取価格も高いです。

合格サプリがおすすめするのは「学参プラザ」

大学受験参考書・赤本 専門買取サイト「学参プラザ」
参考書買取を専門に行っている業界最大手のサービスです。

買取実績も豊富で査定額も高く、ホームページにも実績がしっかりと載っているので安心できます。



また20冊以上まとめて買取を依頼すると、送料無料で引き取ってくれ、到着から3日以内に買取価格を振り込んでもらえます。



ダンボールや着払い用伝票まで用意してもらえるので、やることは送るだけ!
めちゃくちゃ簡単ですね笑

不要な参考書がたまってきたら、ぜひ一度買取申込をしてみてはいかがでしょうか?

▼学参プラザのサイトはこちら