【新生活特集】引越しのとき実家からこれだけは持っていけ!3選

goukaku-suppli_2016-02-13_08-16-07.png

大学生になり一人暮らしをする場合、「生活必需品を下宿先に持って行く方法」は主に次の3つです。

1.配送先を一人暮らし先に指定して新しく家具家電を購入する
2.服や本、雑貨の類などは宅急便で送る
3.引っ越し当日、スーツケースなどに入れて持って行く

ここでみなさんに注意していただきたいのは、1,2の方法は届くまでにタイムラグが発生する可能性がある、ということです。
そのため、1日でも、1時間でもこれがないと困る!というものは一番確実な3の方法で持って行く必要があります。
 
送りたいものの量、必要性をよく吟味して、何をスーツケースに入れて持って行くのが良いのかをよく考えておきましょう!

【これだけはスーツケースに入れて行け!3選】

では、ここからは『実家からスーツケースに入れて持って行くべきもの』をご紹介していきたいと思います。

1.着替え

まずは着替え。

少なくとも二、三日分の着替えは詰めていきましょう。
引越しシーズンのど真ん中では、時たま、荷物が配送予定の日程からずれる場合があります。
そんな時に焦らなくても済むように、数日分の着替えは必ず詰めていきましょう。

引っ越し直後でしょうから、作業がしやすい服を詰めていくのもポイントですね。

2.ティッシュペーパー

次にティッシュペーパー!
は?ティッシュ?と思った人も多いのではないでしょうか?
ですが、これはものすごく大事なものです。

ボックスティッシュとトイレットペーパー一つずつは必ずスーツケースに忍ばせましょう!

なぜなら、私たちが引越し先に行く場所は本当に何もないからです。
あ!トイレ行きたい!と思ってもティッシュはセットされてませんし、何かをこぼしたり、くしゃみをしても、ボックスティッシュはセットされていません。

さらに、実家のある場所とでは環境が違います。
気温、湿度、春であれば花粉や黄砂。
環境の違いに慣れるには少し時間がかかり、引越ししてすぐ、というのは案外体調を崩したりしやすいものです。
すぐ買いに行けばいい、と思わず、1セットは必ず持って行くようにしてくださいね。

3.工具セット

意外な盲点、最後に重要なのは工具セットです!

引っ越しでは大量の家具を一気に組み立てる必要があります
そんな時に、家具付属の小さなドライバー一つではとてもではありませんが補いきれません
使いすぎると、ドライバーの先が削れて使えなくなることもあるので、2〜3本、ドライバーを持って行くことをお勧めします。
 

【一人暮らしに必要ないものベスト3!】

ここからは逆に意外といらないものをご紹介してみます。
スーツケースに入れないのはもちろん、宅急便で持って行ったり新調するかどうかも見直した方がいいでしょう。

1.お風呂の蓋とイス

以外と入らないもの、第1位!

本当に邪魔です。
一人暮らしになると、お風呂にお湯を溜めることは基本的にあまりしませんし、基本的にシャワーで済ませてしまいます
本当に邪魔になるので要注意です。

2.デスク

意外といらないもの第2位!

こちらはその人の家具にもよりますが、こたつの様な、背の低い机を持っている人ならこれはいらないでしょう。
机は物置化してしまうことがよくあります

本当にいるのか、よく考えてから買うのがいいでしょうね。

3.加湿器

意外といらないもの、第3位!

部屋にもよりますが、元の湿度が高かったり、部屋が湿気に弱かった場合、無用の長物になってしまいます
もし必要になったとしても濡れたタオルを干しておいたり、洗濯物をかけておくだけで意外と湿度は保てるものです。

最後に

いかがでしょうか?
自分にとって必要なものか必要でないものかをしっかりと見極めて一人暮らしの準備に取り掛かってみてくださいね!