化学が必ずできるようになるシンプルな勉強法

goukaku-suppli_2016-02-13_15-00-50.jpg

はじめに

化学はこれからの努力次第で得意教科にすることが可能ですが、どうやって学習すればいいかわからない受験生も多いはずです。

そこで今回は、化学の勉強法についてお教えします!

高校化学は「理論化学」「無機化学」「有機化学」に分けられます。
まず、理論化学の理解ができていないと有機化学と無機化学は定着しません。
早いうちに有機・無機の基礎知識を叩きこむという手もありですが、化学を得意教科にしたいのならば理論化学からマスターしましょう。

理論化学の勉強ポイントはここ!

理論化学は化学結合・化学反応・酸塩基・酸化還元に分けられます。酸塩基・酸化還元を学ぶ際に最も重要となるのが化学反応の知識です。
とにかく化学反応…つまり反応式のつくり方はマスターしておきましょう

反応式の作り方

反応式の作り方はさまざまな種類があって難しく見えますが、基本的な数パターンの作り方(弱酸の遊離など)に帰着することを意識して、反応式の丸暗記は避けましょう(ただし頻出の式は学習を積み重ねていくと自然と暗記できます)。
反応式さえ作れれば酸塩基も酸化還元もただの計算問題となります。

計算力

理論化学や、理論と無機・有機化学の融合問題は大抵が数価計算になります。計算力の強化は必須です。そこで、計算力強化のために、とにかく自分の手で計算することが大切です。

次ページ:無機化学・有機化学それぞれの勉強ポイントとは