模試は終わってからが勝負だ!判定別・模試後の勉強法

goukaku-lab_2015-09-10_09-09-22.jpg

秋といえば、受験を控えた高校3年生の皆さんにとっては「模試シーズン」です。
志望大学別の模試をはじめ、夏休みの勉強の成果を試す模試が何度も開催されます。そこで実力を発揮することはもちろん大切です。
しかし、いくら模試で良い判定を取ったとしても、それは志望大学の合格を保証するものではありません。また逆も然りです。
だから、模試は受けた後が大切。
今回は、模試を受けた後に、判定を正しく活用して、本番二次試験で成功する秘訣をご紹介します!

☆模試判定の捉え方

A-B判定 調子に乗るな! あくまでに冷静に。

模試の判定とは、模試を受けたその瞬間までの努力が評価されたものです。決して、判定はこれからの努力と合格を保証するものではありません!
だから、結果に慢心して、「もう大丈夫」と心のどこかで感じている人は要注意です。うかうかしていると、本番でイタい目に合いますよ!

今までの頑張りをこれまで通りに継続してこそ、本番でも判定通りの結果が得られます。
あくまで冷静に判定を受け止めて、最後の最後まで気を抜かないようにしましょう。

C-E判定 絶対に諦めるな! やればできる!

君につきつけられた厳しい判定。
今は辛くてなかなか結果を受け止められないかもしれません。でも、この判定が最終的な志望大学の合否なのではありません。
判定結果と辛い思いをバネにして、二次試験当日まで、成長し続けることができれば、合格のチャンスが充分にあります!

だから、ここで諦めてしまってはもったいないです。
まだまだ自分には伸びしろがあると考えましょう。そう考えて、模試を活用できるかどうかが合否を握るカギなのです。

合い言葉は「Be Positive!!」
今から、二次試験が終わる瞬間まで頑張り抜いて、満足げにチャラチャラしているAB判定の奴らをギャフンといわせましょう。
俺たちだってやればできる!

☆インプットのトレーニング

A-B判定 基礎をナメるな!

前述の通り、今までの努力を継続できるかが合否を分けるポイントです。
各科目の基礎知識の確認など、毎日行ってきた小さな努力の積み重ねをこれからも継続しましょう!

また、模試の良い結果は一旦忘れて、模試で間違った箇所をしっかりチェックしてください。
「なんで間違えたんだろう?」というような初歩的な問題でミスをしていませんか?
思わぬところに理解していなかった基礎知識があるかもしれません。
きちんとこの機会に理解しておかないと試験本番の致命的なミスに繋がるかもしれません。
常に危機感を持って、基礎をナメないようにしましょう!

C-E判定 焦らないで! まずは基礎の徹底学習

「このままじゃやばい! 過去問を解こう!」
ちょっと待ってください!
本番まで時間が迫るにつれて、早く過去問を解けるようになろうと焦る気持ちはわかります。
しかし、各科目の基礎を徹底的に学ばなければ、どれだけ演習を重ねても問題を解けるようにはなりません。

模試で間違えた問題を見直してください。その問題を解くためのツールとなる基礎知識は何ですか?
模試を活用して苦手分野を見つけ出し、ひとつひとつ理解していきましょう。

こうして、基礎知識を一から学び直す時間は、今しかありません!
ここは焦らず、基礎に立ち返る勇気を持つことが大切なのです。

☆アウトプットのトレーニング

A-B判定 実戦感覚を忘れるな!

模試シーズンが終わると、基礎知識を活かして問題を解く機会が減ってしまいます。
また、この時期には多くの人が本格的にセンター試験の対策を始めるので、二次試験を解く実戦感覚が鈍くなりがちです。
だから、定期的に演習問題に触れることで、実践感覚を忘れないようにしましょう!

先ほどのインプットのトレーニングとバランスよくこなすことが求められるので難しいと感じるかもしれません。
しかし、今までやってきた勉強法が報われて、良い判定をとれたのですから、今までやってきたようにインプットとアウトプットのトレーニングを継続させれば大丈夫です。

C-E判定 実践感覚を磨け!

模試を受けて、「思ったように実力が発揮できなかった……」と感じている人はいませんか?
それは、基礎知識の理解はできているのに、その知識を使って解答するテクニックを磨く練習が足りないだけかもしれません。
つまり、演習や問題の形式に慣れていないだけです。

インプットのトレーニングを充分に行った人は、早速、過去問演習を始めましょう!
取り組むうちに、志望校の入試に頻出のジャンルや、問題の傾向が分かってきます。
過去問の研究を重ねて、重点的にその演習を行えば必ず合格できます!

☆答えの作り方

A-B判定 最低点+α点を意識せよ!

A-B判定を取った人が本番で失敗するパターン、それは、「高得点を狙い過ぎ」です。
もちろん、できるだけ高い得点をとろうという姿勢は合格するために必要なポイントです。

しかし、最初の問題から、全ての問題を完璧に解答していこうとすると、捨て問を見極められずに時間が足りなくなって失敗する可能性があります。
難しい問題に固執せずに、まずは「合格最低点」を確実に得点することに注力しましょう。
「自分はできるはずだ!」という自信がプレッシャーにならないように、リラックスして本番に望めば大丈夫ですよ。

C-E判定 最低点への最短ルートを意識せよ!

C-E判定を取ったみなさんも同様に、合格最低点をかき集めることを意識することが大切です。
まずは、自分で解ける問題をいち早く見つけて解答しましょう。

また、わからない問題ばかりでも、最後まで諦めないことです!
泥臭く、部分点を狙って、少しでも合格点に近づけるように努力してください。
必ず、解答用紙に空欄を作らないで埋めましょう。何か解答しなければ、得点は期待できません。
解答用紙に、最後まであがいた形跡を見せること。徹底解答へのやる気をみせれば、採点官にも気持ちが伝わるはずです!

☆まとめ

模試が終わってからが本当の勝負!
秋が終わり、受験直前のシーズンになると、自分の実力がどれほど伸びているのか把握する機会がなかなかなかありません。
そんな中、不安に打ち勝ち、最後まで妥協せず、的確な試験対策をした者が、秋の模試の結果にかかわらず絶対合格できるのです!
応援しています!