入試当日に成功するために、今から出来る3のコト

goukaku-lab_2015-09-06_08-41-20.png

長かった受験勉強もあと少し、あらゆる問題をひと通り解き終わったことでしょう。
さて、そんな今、「残された時間でどんな勉強をすべきか」。迷っている人も多いのではないでしょうか。
 
まず、「忘れてしまった問題の復習」、これが直前期の基本だということは多くの人の共通見解だと思います。
 しかし、もうひとつやるべきことがあるのです。それが「リハーサル」
 

入試は本番の結果が全て

入試というものは、「学力」そのものを評価してはくれません。出された問題を「その場で正しく解答できるか」で評価されるのです。

入試の前の休み時間までなら発揮できていた高い学力も、「はじめ」の合図があったあと、時間配分を間違えたり問題形式に戸惑ってしまったりすれば、たまったものではありませんよね。
 
分かりやすく言えば、学力がないけれどたまたま受かったという話を聞くのは、その裏で、パニックに陥ってしまった実力者がいるからなのです。
 そこで、せっかく身につけた学力を「本番のその場」で発揮するために、本番通りの練習、つまり「リハーサル」をおこなってみましょう。

1.筆記具でリハーサル

 

まず自分にあった問題を用意する

当然のことですが、A大学受験のリハーサルのためにB大学の問題形式に沿った問題を用いても意味がありません。必ず、志望校の問題形式に沿ったものを用意してください。
 
 さらに大切なのは,「初見の問題」を解くということ。過去問や今まで取り組んだ問題集と、細部までまったく同じ問題が出題される確率などとても低いのです。安心して解ける問題を用いたとしても、それは、パニック予防対策であるリハーサルとは呼べません。

 問題を用意したら、あとは本番だと思って本気で解きましょう。このとき、制限時間を本番よりも5~10分短く設定してください。こうすれば本番はいつもより時間が使える、という感覚が得られ、自分の心に余裕が生じます。この余裕が、周りと差をつけるための大きな武器なのです。

リハーサル後の復習を欠かさない

 この「筆記具でリハーサル」は、2日に1セットで行いましょう。なぜ毎日行わないのか?それは、間の1日を、リハーサルでできなかった分野の復習にあてるためです。
 復讐は、その問題に限らず、できなかった問題が含まれる分野全てについて行いましょう。そのために1日という長い時間を復習にあてているのですから。
 

2.時計の針でリハーサル

 時計の針!?と、意味不明だった方も多いかもしれませんね。でも、これはとても大切な事なのです。
 何をするか、簡単に言えば、「生活リズムを試験当日と同じにする」ということ。これは、口にするのは簡単なのですが、実行するのはなかなか難しいことです。
 

習慣は1日にしてならず!

なにしろ、受験勉強で遅くまで起きていた人や、とんでもなく早起きしていた人がたくさんいるのです。そして、そんな人は大抵、試験本番は規則正しい生活で頭をスッキリさせようという意識をきちんと持ってはいます。

しかし、人間はそんなにすぐに生活リズムを変えられるほどコンピューター的ではありません。本番、いくら形だけの早寝早起きをしようと、頭はついていきません。
 
普段朝の7時に起きている人が、朝の4時に起きなくてはいけない仕事に就いたことを想像してみてください。きっと、最初の1日が最もつらいだろうということはおわかりでしょう。
これは極端な例ですが、普段から本番のリズムで過ごしておかなければ、前述の「1日目の辛さ」を一番大切な日に味わうことになるのです。
 
決めるべきは、①起床時刻、②食事時刻、③就寝時刻。この3つです。
 
まずは試験当日のスケジュールを紙に書き出すことから始めましょう(電車などの公共交通機関を用いる場合は、この記事の最後の電車事情を参考にしてくださいね。)そして、当日の流れを確認したら、家族をどれだけ巻き込んでも構わないので、その流れ通りに生活しましょう。②に関しては、食事量やその内容について気になれば、随時改善していきましょう。
 

3.まずは睡眠時間の確保から

初日は③の就寝時刻から実行するのがオススメです。最初の日はいつもより勉強時間が減るかもしれませんね。でも、そんな細かいことよりも、大きなことを大切に。
 これは「筆記具でリハーサル」とは違って、毎日実行してほしいリハーサルです。本番当日、自分の脳がフル稼働できる状態へと、うまく誘導してあげましょう。

リハーサルと違った事態へのリハーサル

 

あらゆる事態に備えよう

 本番というのは怖いもの。リハーサルで完璧だったけれど、こんなこともありますよという体験談を集めてみました。
▽お弁当にお箸が入っていなかったのでコンビニまで走り、休み時間に復習する時間がなかった。
→あらかじめ、筆箱に割り箸を入れておくのがいいのかもしれません。

▽試験中にトイレに行きたくなった。
→こういう風に試験時間が減ることも想定して、「筆記具でリハーサル」では制限時間を短くするのです。しかし、普段のリハーサルから、始まる前にはトイレを済ませておくことにするのがよいでしょう。

▽電車に乗り遅れた。
→最初の電車に乗り遅れる事例よりも、乗り継ぎ時間が間に合わなかったという事例が圧倒的に多く見受けられます。インターネットの乗り換え検索サイトは、時々ですが、ものすごく急がないと間に合わない乗り継ぎを提案してくる場合がありますし、これで大丈夫だろうと思っていても、当日は受験生が公共交通機関を使うのですから、普段よりも混むと思って間違いないでしょう。「

余裕で間に合う」と思ったものより1本は前の電車を利用することをおすすめします。

さて、以上見てきたように、試験本番がどうなるかは、今日から本番までのあなたの毎日にかかっているのです。
 本誌を読み終わったらすぐに、リハーサルの準備に取り掛かってみてください。
「習うより慣れろ」、その教訓を上手く味方につけて、余裕のある本番当日を過ごしましょう!