大学のサークルって、どんなところ?

image9.jpg

大学生活と聞いて一番はじめに思い付くのは、恐らくサークルなのではないでしょうか?

しかし、サークルが実際にどんなところなのか分からない人も多いはず。
そこで今回は大学のサークルはどんなところかについてご紹介します!

サークルとは?

人が集まって活動してたらすべてサークルになります。

真面目にスポーツをするところもあれば、合コンばかりのサークルもあったり、同じ高校出身の集まりでもサークルと言えなくはありません。

中には自転車で全国を旅をするサークルや、ホノルルマラソンに参加しよう!というようなサークルだってあります。

サークルっていったらそれはサークルになっちゃうんです!(笑)

また、いろいろな大学からメンバーが集まっているサークルをインカレ(intercollage circleの略)といいます。
例えば東大の場合、どうしても女の子が少なくなりがちなので、女子大の学生とインカレをつくることが多いです。

参加頻度は?

サークルによって異なりますが、参加に関しては基本的にゆるいところが多いです。
それもあってか、2つや3つのサークルを掛け持ちしている人も多いです。

1ヶ月ほど行っていなくても、来いと催促されるわけではありません。

久しぶりに行っても、暖かく迎えてくれる、そこが自分の帰る場所になってる、というのもサークルのいいところでしょう!

先輩、友達ができる!

また、サークルは普段の生活では関わることのできない、上の学年の人達と仲良くなるチャンスでもあります。
1つや2つ上の先輩にご飯をおごってもらったり、おすすめの講義を聞いたりすることもできますが、中には社会人となっても普段の練習や合宿に参加してくれる先輩もいます。

サークルに入ると人脈が一気に広がること間違いありません!

最後に

今回はサークルがどんなところかについて大まかに紹介をしました。
サークルの魅力がより伝わるよう、次回は具体的に有名なサークルを紹介していきたいと思います。