絶対に成功する、参考書のマル秘選び方

goukaku-suppli_2015-09-16_17-30-47.png

あなたの成績が悪いのは、使い方が違うだけ!

同じ参考書を使っているのに、成績では何故か差をつけられてしまった。こんな経験、ありませんか?

そして、差がついてしまった原因を「頭が悪いから」だなんて思い込んでしまっていませんか?違います!それは参考書の選び方をよく知らないからなのです。

賢く参考書を使って、ライバルと差をつけましょう!

参考書の選び方

賢い人は知っている!? 参考書㊙選び方 使い方
参考書の使い方を学ぶ前に、まずは参考書の選び方を学びましょう!

書店に並んでいる参考書の数は膨大で、どれが自分に合った参考書なのかわからないという人も多いのではないのでしょうか。参考書選びの際に考えるべきポイントをここで伝授します!

目的地を見定めよう!

まず考えるべきポイントは、その参考書を購入する目的です。目的とは、自分が一体何を学んで、どう成長したいのかということです。

例えば、「英語の文法をきっちりおさえたい」のならば、基本レベルの英単語帳を買っても効果は少ないですよね。「そんなの分かってるよ!」と思うかもしれませんが、書店にいる内に「あれも良さそう、これも良さそう」と目移りしてしまうことはよくあることです。

自分の目的を常に忘れないで参考書を選びましょう。

3つの「型」から参考書を選ぼう!

次に考えるべきなのは、参考書の「型」です。参考書は主に理解型定着型実践型の3種類があります。

理解型は、練習問題は少ないけれど、イラストなどで大まかな流れをつかむことができて、各分野の概要や基本知識を確認できる参考書。

定着型は、練習問題とその詳しい解説がついており、基礎力をつけられる参考書。

実践型は、過去問や演習問題を中心に構成されており、応用力をつけられる参考書。

自分がどの型の参考書を必要とするか、見極めましょう。

「3分の1の法則」を使おう!

「型」の次に考えるポイントは、参考書のレベルです。自分にピッタリの参考書とは、「少し難しいかな?」と思う参考書。今の自分より少し上のレベルの参考書が自分を最も成長させてくれます。

そんな参考書を見つける際に使えるのが3分の1の法則です。パラパラと参考書をめくってみて、その中の問題のうち3分の1が簡単と思えて、それ以外は普通か難しいと思えるくらいが丁度良い参考書といえます!

解答は別冊子がポイント!

自分の目的とレベルに合った参考書を選べましたか?今度は、参考書の解答がどこに書かれているかに注目して下さい。

解答が別冊子になっているものは、解答・解説をチェックするのが非常に楽です。逆に、最後の方のページにまとめて解答が載せられている参考書は、解答をチェックする際に、その都度ページを入れ替えなければならず、非常に面倒です。

小さいことと思うかもしれませんが、この微妙なストレスを軽減していくことが、勉強の集中力を維持するコツなのです。

受験の友として一緒に歩めるか?

1冊の参考書をマスターするには膨大な時間がかかります。今、購入しようとしているその参考書は、あなたの「受験の友」として今後歩んでいく相棒なのです。

だから最後のポイントは、論理というよりは直感に近いです。何となく、「好き!」と思った方を選ぶ。直感は最も素直な感情。成績は、選んだ参考書そのものより参考書の使い方で成績が決まる事がほとんどです。気を張らずに、直感で選ぶのも1つの手です。

それでも選べない場合は?

賢い人は知っている!? 参考書㊙選び方 使い方
参考書選びの時に気をつけるべき5つのポイントに注意して絞っても、いくつかの参考書で迷ってしまうこともあるでしょう。参考書選びの最後の決め手となるポイントをいくつかアドバイスします!

「長」だけを見て決めよ!

「イラストが多くて分かりやすいけど、問題量に欠ける」や、「問題量が多いけど、デザインが見にくい」など、どの参考書にも一長一短があります。完璧な参考書はあり得ません。このような問題で迷う時は、「長」、つまり良い所だけを見て決めることをオススメします。

例えば、この例だと、「イラストが多くて分かりやすい」参考書か、「問題量が多い」参考書かのどちらかを選べばよい訳です。ここで注意すべき点は、迷っている悪い点は一切考えない。完全に頭から取り去るということです。

悪い点を考えてしまうとどうしても迷いが生じます。良い点だけに注目して、自分が今どちらを必要としているか考えましょう。

版と刷を見よう!

参考書の最後のページに版と刷が書かれています。版とはその参考書のバージョンのことです。初版と第2版では、第2版の方が新しいバージョンです。当然、バージョンが新しい方が改訂を重ねられているということなので必要な情報が多く盛り込まれています。

出来るだけ新しい版のものを選びましょう。また、版の数字が大きいということは、その参考書が人気であることを示しています。一方、刷とは、その参考書が何回刷り増しされたかを示しています。

刷り増しされた回数が多ければ多いほど、人気のある参考書ということがわかります。大勢の人に使われているということは、それだけ信頼性があるということです。迷った時は人気の方を使ってみてもいいかもしれません。

まとめ

参考書の選び方、いかがでしたでしょうか。

自分にあった最高の参考書を見つけて、ボロボロになるまでその相棒と一緒に長い受験生活を戦い抜いて下さい!

合格サプリでは、参考書レビューをしています!参考書選びのヒントになると思います!

合わせて絶対に成功する、参考書の㊙使い方も読んでみて下さい!
参考書の使い方を徹底解説します!
賢い人は知っている!? 参考書㊙選び方 使い方