集中力アップに効果あり!?アロマセラピーを試してみよう!

goukaku-lab_2015-07-14_05-53-58.jpg

集中して勉強に励みたいところですが、人間常に集中力を維持することは難しいものです。

そこで今回は集中力を高めるのはもちろん、リラックス効果もあるアロマセラピーについてご紹介します。

「アロマ」とは?

「アロマ」はフランス語で「芳香」つまり「良い匂い」を意味する単語です。
この「良い匂い」は植物の花や茎、葉などから抽出される液体に含まれています。
また、「アロマセラピー」は「香りを使った療法」と訳し、このような香りを私たちの心と身体の健康に役立てる自然療法、または植物療法を意味します。

どうして効くの?

香りの分子が鼻の奥にある匂いをキャッチする細胞へ届き、そこで起きた刺激が信号として脳へと伝わります。
香りの分子は脳が「いい匂い」だと判断すると、心を落ち着かせたり、免疫機能や自律神経などを活性化させたり、体のリズムを整える効果を発揮します。

集中力アップ&リラックス効果!

集中力に効く匂いはバジル、ペパーミント、ユーカリ、レモン、ローズマリーです。
ペパーミントには眠気覚ましの効果が、また他のアロマには脳を刺激し集中力を高める効果があります。
また、リラックス効果の高いアロマは、ラベンダー、柑橘系のベルガモットやネロリ、ゼラニウム、ジュニバー、ロマンカモミールなどです。

簡単!アロマセラピー

本来アロマセラピーは市販の器具を用いて行いますが、アロマオイルとマグカップさえあれば誰でも簡単にアロマセラピーを行うことが出来ます。

やり方は簡単!
マグカップに熱湯を注いでからアロマオイルを1,2滴たらすだけ。
これだけで湯気と一緒に香りが楽しめます。

ハンカチにアロマオイルを染み込ませて嗅ぐだけでもOKです。

最後に

アロマセラピーという言葉自体は比較的新しいものですが、人の生活と香りの関係は、古代エジプトにおいてミイラ作りに防腐効果のある植物由来の香料を用いていたなど、はるか昔までさかのぼります。

先人達の知恵をうまく生かして、アロマセラピーで効率よく頑張っていきましょう!