受験勉強に疲れた時に食べたい甘×辛おやつをご紹介!

goukaku-lab_2015-09-06_11-03-10.jpg

甘いもの

甘いものには糖質という集中力を高める成分が含まれているので、今回はその中でも効果が高くて効率の良いものを紹介します。集中力が低下しがちな時は、甘いものを食べて乗り切りましょう!

甘いもの紹介

砂糖×トマト

砂糖を少量かけて食べると甘酸っぱくてサッパリ!トマトは、生活習慣病の予防や美白効果も期待できます。

バナナ

リラックス効果があるセロトニンや集中力や注意力を向上させる働きがあるドーパミンが脳を活性化させてくれます。

チョコレート

カフェインの仲間であるテオブロミンは集中力、記憶力、思考力を高める効果があります!

ハチミツ

はちみつは殺菌・抗菌力や免疫力を高めるため、風邪予防や口臭予防にもなり、美容や健康にも良いですよ。

成分の話

糖質は脂質に比べて素早くエネルギー補給ができるので、受験生の強い味方になってくれます!糖質が体内で分解されるとブドウ糖を生じて、脳の栄養素となり集中力を高めます。

ただし、食べ過ぎには気をつけてください!糖分の高いものは血糖値を急激に上げるので、一時的に集中力を回復するのには向いていますが、体は急激に上がった血糖値を下げるようとして体のだるさなどを引き起こすことがあります。

糖質は単独ではある程度の量を超えると摂取されにくくなるので、ビタミンやカルシウムと同時に取るのがよいでしょう。適度なバランスが重要です。

辛い物

元気になる上で必須のアイテムと言えば「辛い物」! 夏バテには辛い物が効く!でも、皆さん理由を知っていましたか? それは、辛い物を食べて発汗することで、身体の表面温度が一時的に低下するからだそうです!

辛い物には食欲増進の作用もあります。辛いものを食べて夏を吹き飛ばそう!

辛いもの紹介

ハバネロ

唐辛子の中でも「暴君」的存在!猛烈に辛いだけでなく、柑橘系のフルーティーな香りがあるとか…。

麻婆豆腐

中国で、ソバカスだらけのおばさんが余り物で作ったのが発端とか!? 夏でもモリモリ食べられるオススメ料理です。

カラムーチョ

キャッチフレーズは「ポテトが辛くてなぜおいしい!」辛い料理が苦手な人もチャレンジしやすいスナック。

キムチ

韓国人女性がきれいなのは、キムチのおかげだそうです。韓国の家庭にはキムチ専用冷蔵庫もあるそう…!

激辛カレーをみんなで試食!汗をたっぷりかいてスッキリしました!

成分の話

辛い物の代表的存在カプサイシンは、赤唐辛子の種子の周りに多く含まれます。カプサイシンは、体内に入ると交換神経を刺激して血行を良くし、体温を上げるため、体内の脂肪がエネルギーとして消費され、ダイエット効果も期待できます。

夏バテも防止できて、ダイエットにも効果があるなんて、一石二鳥ですね!もう一つの辛い物の代表であるワサビはカプサイシンとは全く関係のない辛味成分です。

こちらは、ワサビに含まれる油配糖体の一種が、すりおろされる過程で酸素に触れ、細胞にある酸素と反応する事で辛さがうまれるそうです。