志望校合格までの1年間の10step ~stage2~

goukaku-lab_2015-07-14_05-30-29.jpg

前回の志望校合格までの1年間の10step ~stage1~の続きです!今回は、受験の天王山夏休みと本格的な追い込み期、秋の勉強法についてお送りします!

Step4.夏休みに差をつける

7、8月のあなた
夏休みに入り、学校がなくなると、どうしても勉強のペースがつかめなくなってしまいました。どうしましょう。
→夏休み中は学校がない分自分の好きな勉強を思う存分することができます。

そう考えると、夏休みはライバルに大きな差をつけるチャンスです。とはいっても、家ではなかなか勉強しづらいもの。

そんなときは、予備校の自習室に行って勉強しましょう。最近では自習室のみ安価で提供している予備校も多くなっています。また、友達と図書館に行くのもいいでしょう。朝早くから並ばないと、場所がとれないおそれはありますが。とにかく、人のいるところで勉強しましょう!

Step5.学生生活と両立させる

9月のあなた
部活やバンド、生徒会、アルバイト…。僕には、勉強する時間なんてありません。先生、勉強がしたいです…。
→高校生活最後の一年、精一杯楽しみたいものです。遊んでばかりだと落ちてしまう?全然そんなことはありません。

合格のカギは、空いた時間をどれだけ有効に活用するかにあるのです。朝、30分だけ早く起きて、数学の問題を解く。部活帰りの電車で、英語のリスニングをする。これらは、部活や生徒会と両立させながら東大に合格した学生達が実際にやっていたものです。

そうやって、限られた時間で効率的に勉強し空いた時間に好きなことに思う存分打ち込みましょう。

Step6.バランスを考える

10月のあなた
地歴などの勉強も本格的になり、教科ごとの勉強のバランスが分かりません…。
→一概には言えませんが、二次試験試験科目に地歴・理科がある場合、10月を過ぎてから本格的に始める人が多いようです。

必然的に主要3科目の勉強時間が少なくなりますが、毎日少しでも英語長文を読む、数学の問題を解くなどして、感覚が鈍らないようにしましょう。

いかがだったでしょうか?次回はいよいよ最終回、冬の受験直前期についてお送りいたします!