高校3年生の夏休み前は、何も考えずにただ楽しんで生きろ!!

20130504183132_5184d5746e32f.jpg
この記事は 2016年06月28日に更新されました。

高校3年生の1年間、受験勉強だけで終わらせるのなんてもったいないですよね!
やはりきちんと息抜きして、思い出を作りながら受験勉強を楽しみましょう!

なぜ高3の夏前は楽しんだ方がいいのか?

純粋に友達と最高の思い出を!

当然のことですが、高校3年生の1年間は人生で一度しかありません

今の友達も、第一志望はそれぞれ違ったりしますよね? 今のうちに思いっきり楽しんでおかないと、将来二度と会わないかもしれません。
でも、高3のこの時期に一緒に遊んで、一緒に楽しむと一生の思い出になります!

夏休みにエンジンをかけるために!

「受験生は夏が勝負」とはよく言われますが、充分楽しまずに夏休みを迎えたところで、つい遊んじゃうのは目に見えています。
ですから思い残すことがないように全力で楽しんでください!

例えば…
・友達とスポーツをして遊ぶなら、もうそのスポーツに飽きるまで!
・カラオケに行くなら喉がつぶれるまで!
・ゲームをして遊ぶなら完全クリアするまで!

とにかく中途半端にせず、やりきっちゃってください!

そうすればきっと夏休みに入ってから、時間を勉強に注ぐことができるでしょう!

大学に入った後のことを考えてみましょう!

せっかく努力して大学に入っても、その先で周りの人はみんな高校生活を思いっきり楽しんだ人、充実した生活を送っていた人ばかりだとどうでしょう?
きっと後悔するのではないでしょうか。

実は難関大学と呼ばれる大学でも(東京大学もそうですが)、勉強ばかりしていた人はそんなにおらず、高校生活を自分なりにおもいっきり楽しみ、メリハリをもって勉強をしていた人が圧倒的に多いんです。

大学に入って新しく友達を作るときに何を話しのネタにするか?
それは高校時代にやっていた楽しいことではないでしょうか。

次ページ:ただし…夏休み前の注意事項