京大の理系学部で学ぶって、どういうこと?

goukaku-suppli_2015-09-14_08-08-47.jpg

合格サプリには、「大学に入ってからの勉強ってどんなことをやるの!?」という質問がよく寄せられます。その疑問に答えるべく、京都大学医学部医学科の先輩が、大学での勉強のイロハをレクチャーします!高一、二の方は、文理を決めるのに活用して下さい。高三の方は、大学に入ってからの生活をイメージしてモチベーションアップに繋げてください!

京都大学医学部医学科2回生 K・Uさんより

理系学部の特徴は、専門分野の勉強が始まった段階から実験が多くなるということです。

文系学部では、本や論文を読み、考察、話し合いを通して理解を深め、新しい思考へと移っていく、という作業を行います。そこでは思想・考察、法学部ならば、法律への解釈など、事実や思想から各々の考え方を展開していきます。

一方理系学部では、本、論文、考察を通じて実験へと移ります。実験には2通りの実験があります。既に知られていることを組み合わせる実験と、既に知られていることから推察して新しい事実へと発展させるための実験です。

前者は例えば科学の時間に、鉄を塩酸に加えて、水素が発生する様子を確認する実験です。

後者は例えばイオン化傾向という知識を持ったとして(化学の電気分解という分野で習います。一度教科書を開いて考えてみるとためになるかも!)、イオン化傾向が水素よりも小さい銅や金などを塩酸に入れても水素は発生しないのでは…?と考えて実際に試してみます。そして推察と事実とを対比します。

このように理系学部では、事実を重視します。その事実確認として実験が多くなるわけです。

理系学部の大まかな特徴を説明しましたが、京都大学はまさにこの実験、ひいては研究において、日本最高峰のレベルを保っています。それは施設、研究所の接辞の充実はもちろんのこと、人材も最高峰です。

むしろ、この人材にこそ京都大学が京都大学たる所以となっています。ノーベル賞受賞者の湯川秀樹はあまりにも有名です。その他医学系、工学系にも優れた人材を持っています。その優れた指導者の下、優れた設備の中で勉学に励めることは最高の幸せとなります。

このページでは本当に大まかに理系学部について紹介してきました。しかし私が一番に主張したいことは、自分のやりたいことが十分にできる、最高の状態でできる、あるいは、やりたいことを探している人はより多くの可能性を示してくれる大学を十分に調べ、探し、進んで欲しいということです。

今回は京都大学を押し出しましたが、それぞれやりたいことがあれば、それぞれに最高の大学はあります。ですから、妥協はせず、力いっぱい自分の進路を見つめて進みましょう。環境は人を育てます。

終わりに

いかがでしたか?次回は文系の京大生の方に、文系の勉強のイロハをレクチャーしていただくのでお楽しみに!
京大の文系学部で学ぶって、どういうこと?