京大の文系学部で学ぶって、どういうこと?

goukaku-suppli_2015-09-14_08-13-43.jpg

前回の京大の理系学部で学ぶって、どういうこと?はいかがでしたか?今回は京都大学法学部の先輩が文系の勉強に関するイロハをレクチャーしてくれます!高一、二の方は、文理を決めるのに活用して下さい。高三の方は、大学に入ってからの生活をイメージしてモチベーションアップに繋げてください!

京都大学法学部2回生 M・Tさんより

文系、と聞いて皆さんは何をイメージするでしょうか。おそらく、文学部や法学部の印象から、なにか学問的色彩の強い感覚を持たれるかと思います。確かに、一般的に文系学部は学問的色彩が強くなりがちですが、一概に膨大な知識量を詰め込むだけとは言い切れない部分が多くあります。

たとえば、法学部について見てみましょう。皆さんは法学部にどんなイメージをお持ちですか?

入学したての頃、私はこう信じていました。

「ひとたび法学部に入学すると、そこにはめくるめくような(ある意味で、めくってもめくっても)六法全書の世界が待ち受けていて、法律家の予備軍として自覚せざるを得ない。毎日法律の詰め込み勉強!」

この印象が一般的か明言はしかねます。しかし結論的に言えるのは、法学部でも多様な授業があって、様々な未来への可能性があるということです。

今私が思いつく選択肢だけでも、法律関係でみると、狭義の法律家(弁護士、検事、裁判官)、広義の法律家(裁判所書記官、裁判所調査官、執行官、司法書士など)、必ずしも資格を有しなくてもその法律の知識を活かせる会社の法務部員などがあり、政治関係でみますと、官僚や政治家などがあります。

それとは関わりなく、法律の学習で身につけた論理的思考を生かし、一般企業に就職し活躍している人は数限りなくいます。就職に関しても理系の専門職以外は広い門戸を開放していると感じられます。

一方で文学部、経済学部、総合人間学部にも同様のことが言え、比較的将来に対する選択の自由度は高いと言えます。

つまり、のびのびと学問及びに様々な活動ができるのです。京都大学の最大の特徴は、こうした、できるだけ学生自身に選択自由性を付与する学風にあると思います。もちろん他の大学も、同じような魅力があるところが多いので安心して下さい。

話は少しそれますが、西に1キロメートルも行かない範囲に、悠久な鴨川の流れが見られます。休日にもなると、楽器を弾いたり、のんびりと読書をしたり、まるでセーヌ川を彷彿とさせるようなゆったりとした時間が流れています。こうした京都の鴨川を中心とした街と合わせて、京都大学の自由な学風を、みなさんにも気にいると思います。

終わりに

いかがだったでしょうか。大学での勉強のイメージは湧きましたか?是非これからも大学入学後の自分をイメージして、それをモチベーションに頑張ってください!