記憶力や集中力を高める!?噂の食材「レシチン」

goukaku-lab_2015-06-19_02-41-48.jpg

受験生の皆さん、夏休みが近づいてきましたね。受験生にとっては、1分1秒も惜しいはず。

そんな中で、悩みの種のひとつが「暗記」の勉強なのではないでしょうか?

単語も知識も、ひとつでもより多く覚えたいはず。
それなのに必死に徹夜して覚えても、次の日になると思い出せない……。もう涙がでそうになりますよね。

そんな頑張る受験生にぜひ知ってもらいたいのが「レシチン」です!
「レシチン」とは聞きなれない言葉かもしれませんが、記憶力を高めるのに大変適した食材だと言われ、今、大変注目を集めています。

今回はそんな「レシチン」についてご紹介します。

レシチンって何?

レシチンとは、大豆に多く含まれる物質で、記憶力を高める効果があります。
そのため、レシチンを摂取することで、効率よく勉強することが可能になります。
短期間で学習能力を上げるには、ぴったりの物質であるといえます。

どんな働きをしているの?

レシチンは、細胞の中に栄養や酸素をとり入れたり、老廃物を外に排出する役割をもっています。
また、脳へ情報を届けるのに必要な物質も含んでおり、レシチンを摂取することで、記憶力にとどまらず、集中力を上げることもできます。

頭に効くの?

レシチンとはそもそも、脳細胞をはじめとする体の全細胞に含まれているもので、レシチンを摂取することは体の全細胞がスムーズに活動できるよう、細胞のコンディションを整えることになります。
そのため、目や耳から入る情報をスムーズに脳へと流せることで勉強の効率は上がり、学習能力はぐんと向上するといえます。

摂取するには?

レシチンは大豆に豊富に含まれているので、納豆や豆腐を食べることで摂取できます。
また、大豆はヘルシーなので夜食としてもぴったりです。朝食に納豆、夜食に湯豆腐、などとレシチンを摂取できればばっちりですね。

まとめ

記憶力や集中力を高めるのに大変役立つレシチン。これはもう、受験生の強い味方となること間違いないでしょう!

しかし、レシチンはあくまでも、勉強の効率を高めてくれるサポーター。
成績アップや志望校合格は自分自身でつかみとるものです。

さあ、レシチンを味方に、志望校合格を目指し机に向かいましょう!