夏休みに君を襲う甘い誘惑♡とその対策方法

cute-dog-sleeping.jpg

先輩たちの声を聞みてみよう!

受験生のみなさん、もう直ぐ夏休みですね。受験の天王山とも呼ばれる時期で、うかうかと遊んではいられません。しかし周りには誘惑がいっぱい…実際に先輩たちが経験した誘惑たちとその対策を見てみましょう!

甘い誘惑その1.高校野球を見たくなる

夏といえば、高校球児たちの甲子園の激闘が繰り広げられる時期ですよね。一度見始めてしまうと、その熱戦に思わずずっと見てしまったり。
でもそれを理由に勉強をサボってしまうのはいけません。

解決方法

一試合だけなど、区切りをきっちり決めてから見るようにしましょう。
どうしても気になるときも、甲子園でプレーしている同年代の高校生の努力を見習って同じくらい必死に勉強すれば合格も近づくはずです。

甘い誘惑その2.彼女と花火とか遊びに出かけたい…

海で遊んだり、お祭りに出かけたり、花火を見に行ったり。夏にしかできないイベントってたくさんありますよね。
彼女がいる人ならなおさら参加したくなります。

解決方法

そんなときは、逆にそれを勉強のモチベーションにしましょう。
夜の花火大会までの時間は、図書館で彼女と一緒に集中してお勉強、などいかがでしょうか。
え、彼女がいない?そんなあなたはひとり黙々と課題を解いてればいいんじゃないでしょうかね。(昔ひとりで黙々と勉強したの、辛かったなぁ・・・笑)

甘い誘惑その3.暑くて外に出たくない…

外が暑すぎて、冷房の効いた自分の部屋から出たくない。こんな風に思った人たくさんいるのではないでしょうか。
かといって部屋にいると周りに漫画があったりテレビがあったりなどで集中できませんよね。

解決方法

この解決法は、外で人と会う約束を作ることです。
例えば朝から15時までは友達と高校の教室でセンター対策をするなどの予定を入れれば家から出ざるを得ませんよね。どうしても家から出たくない場合は、だらけてしまわないようにしっかりと時間を決めて勉強の予定をあらかじめ立てて置くことが大切です。

甘い誘惑その4.友達と外に遊びに出かけたい…

せっかくの夏休み、友達とプールに出かけたりバーベキューしたりなどいろいろ遊びたくなりますね。
実際筆者も高校3年生の夏休みは集中力が切れるたびに、友達を誘って学校のプールに入っていました。でもそればっかりだと勉強が進みません。

解決方法

こんな場合は夏休み前にこの夏の予定を事前に友達と立てておきましょう。
そしてその日以外は全て勉強の予定を入れてしむことでしっかり夏に成果を残せます。友達との楽しみなイベントがあれば勉強も頑張れますよね。

甘い誘惑その5.ずっとグダグダしていたい…

夏休み前は勉強を頑張るぞ!、と息込んでたもののいざ長い休みが始まるとグダグダしてしまう人はたくさんいます。
特に夏休みの中盤は予定が狂ったり夏バテになったりでどんどんやる気がなくなってしまいますよね…

解決方法

どうしてもダメだ、と思ったときは1日だけ勉強のことを忘れて思いっきり遊んでください!
我慢していたゲームをするも良し、遠くのお祭りに参加するも良し。とにかくリフレッシュして気持ちを切り替えてください。
注意することは、次の日からは完全に受験生モードに戻ることです。何日もリフレッシュしていてはただのサボりですからね。

終わりに

これから長い夏休みに入る受験生のみなさん。受験の結果はある意味この夏に決まってしまうかもしれません。この記事を読んで、終わった後によかったと思える高校最後の夏にしてくださいね!