英語を得意科目に変える勉強法 part1~そもそも、英語を勉強する意味って?~

goukaku-lab_2015-08-10_03-13-06.jpg

みなさんは英語は得意ですか?

勉強を進めていく上で、何故英語なんて勉強しなければならないのかと疑問に思う人もいるでしょう。つまらない単語の暗記、難しい文法用語、訳の分からない長文…、できれば英語なんで勉強したくないという人もきっと多いはず。

どうして私たちは日本人だというのに、わざわざ英語を勉強しなければならないのでしょうか。

皆さんが英語の勉強により力を注げるように、何故英語を勉強するのか、その大切さを受験生の視点からお伝えします。

どうして英語が大切なのか?

英語を勉強していく上でまず浮かぶ疑問はこれに尽きますね。

みなさんご承知のとおり、国際化が進んでいる現在において日本語しかしゃべれないというのは時代遅れと言われています。
「世界なんて関係ない、僕は一生日本で暮らすつもりだから」という人もいるかもしれません。しかし英語を話せるようになれば、あなたの視野はぐんと広がります。これはとても素敵なことですよね。

たとえばインターネットで何か調べものをしているとき、英語が話せれば日本に届いていないアメリカのニュースを読めるかもしれません。たとえば外国の人と話す機会に恵まれたとき、英語がきちんと話せれば思いもよらない話が聞けるかもしれません。

こう言われてもやっぱりまだピンと来ない方へ。では学校や予備校の先生はなぜ英語をしっかり勉強しろと口を酸っぱくして言い続けるのか、その理由を「受験」という観点に絞って2つ挙げてみます。

受験において英語を勉強しなければならない理由

1.配点が大きい

まず一つ目は配点です。

センター試験において英語の配点は筆記試験が200点満点、リスニングが50点満点です。もちろんセンター試験を使用する大学でもリスニングの有無や傾斜配点を行うなどといった差はありますが、これは基本的には英語だけで250点という高い得点が決まってしまうということを意味します。もちろん、私大の入試においても英語は必須科目に組み込まれていることが多く、配点も高く設定される傾向にあります。

2.得意・不得意の差が激しい

そしてもう一つ重要なのは、英語という科目は好き嫌いの差が激しい教化だということです。

「英語は苦手」が口癖になってしまっている人はいませんか?英語に対する根拠のない嫌悪感を抱いているなら、それは自分で自分の首を絞めているようなものです。英語が得意な人は英語を本当に話せるようになりたいと思って勉強しています。そのモチベーションの差は得点に大きく影響し、受験成功へのカギとなります。具体的な苦手要素と丁寧に向かって、「英語は得意」が口癖になるようにしましょう!

英語を制する者は受験を制すると言っても過言ではありません。英語が出来るかできないかで大学受験における合否が変わってくるのです。

それでは次に、英語のラストスパートを頑張る気になったあなたに、各分野の具体的な勉強法を紹介します。
英単語・英文法の勉強法はこちらから。
長文読解の勉強法はこちらから。