長文読解に強くなる!英語の学習にも使えるおすすめの洋書ランキング5選

はじめに

この記事では、英語の長文を読むことができるけどなかなか速く読むことができない、そんな受験生が英語の速読ができるようにするための方法を紹介します。

速読ができることができるようになればセンター試験の英語も時間に余裕をもって解くことができます。
速読できるようになる方法、それはずばり洋書を読むことです。

そこで、個人的に使いやすかった、役に立った順で順位付けをしました

ただ、英語の長文読解は当然ですが、単語を知らなければ長文を読むことができません。

ですから、読解力を鍛えつつ、わからなかった単語や文法を調べる機会にもなるのです!

今回紹介する作品はどれも親しみの持てる作品ばかりなのでやる気が出るかも!?
それでは紹介します!!

英語学習にも最適!おすすめの洋書ベスト5

1位『オズの魔法使い』(講談社英語文庫)

アメリカの有名な児童文学作品です。

単語も基本的なものが多いので非常に読みやすかったです。
洋書に挑戦したい人にとっては最適だと思います。

ストーリーを知っていても知らなくても十分楽しむことができます。

2位『ライ麦畑でつかまえて』(講談社英語文庫)

アメリカの小説家サリンジャーによって書かれた作品です。

有名なので映画で見たことのある人も多いのではないでしょうか。

3位:PENGUIN READERS シリーズ

具体的な本の名前ではないのですが、イギリスのペンギンブックスが発行している理解度別の洋書シリーズです。

読者の理解力にあわせてレベル分けされているので自分にあったレベルの本を選ぶことができます

4位:Oxford Bookworms シリーズ

3位のPENGUIN READERSと同じく、少し理解度別にレベル分けされているシリーズです。

違いとしては個人的にこちらの方がお堅い内容の作品が多いイメージがあります。

5位『チャリーとチョコレート工場』(講談社英語文庫)

ディズニー映画にもなった有名作品!!
簡単な英単語で書かれているので、受験生でも容易に読むことができます。

映画化されたこともあり有名なので、ストーリを容易に理解することができます

最後に

いかがでしたか?

自分も洋書に挑戦したいという気持ちが芽生えたでしょうか?
この記事がきっかけで自分にあった洋書を見つけることができたら幸いです。