ラジオで鍛える!リスニングの勉強法

goukaku-suppli_2015-11-29_11-39-02.jpg
この記事は 2016年06月28日に更新されました。

はじめに

センター試験や二次試験で使うリスニング。
みなさん、対策はしっかりできていますか?

「どんな教材を使ったらいいのか分からない・・・」
「CDプレイヤーの準備が必要で、ちょっと面倒くさい・・・」

そんなあなたにお勧めしたいのが「ラジオ」の活用です。

スポンサーリンク

ラジオを活用するメリット

英語を聞く習慣がつく

リスニングは、勉強しようと思ってもつい忘れてしまい、続かないことが多いと思いますが、
ラジオの場合、毎週決まった曜日の同じ時間に放送されるので「まぁ、明日やればいいか」ということがなくなり、習慣的に英語に触れることができます。

教材が安い

書店で見てみると、CD月のリスニング教材は意外と高いです。
その点、ラジオ教材を用いれば、テキスト代だけで済むので安価で揃えられます。

気軽に取り組める

市販のリスニング教材と違い、一回分の放送時間が短いので、毎日少しずつ継続して取り組むことができます。

また、英文の内容も毎回ストーリー性があって面白いものが多いので、楽しく勉強できます。

オススメの番組

☆リスニングが苦手な人向け

リスニングが苦手でセンターのリスニングは全然できない…という方にオススメなのは「基礎英語3」です。

「知らない事は聞き取れない」というのがリスニングの鉄則です。この教材は、文法事項的には中3レベルと比較的易しめなので、英語が苦手な人でもストレスなく聞くことに集中できます。解説が詳しいのでテキストがなくても大丈夫です。

☆センター試験対策をしたい人向け

センター試験に向けて「英語耳」を作っていきたい人には「ラジオ英会話」がオススメです。

英語特有の言い回しや発音がたくさん学べます!解説も詳しいですし、シチュエーションがとても面白いです。オススメの使い方は普通にテキストに従って聞くのではなく、何回も本文が流れるので2,3回目はCDに合わせて発音してみるのが良いです!

読まれるスピードについていけるようになれば、英語を聞いたときになんだか遅く聞こえてくるようになります。

☆二次試験でリスニングがある人向け

二次試験でもリスニングを必要とする方には絶対聞いてほしい番組は「攻略!英語リスニング」です。これは本当にお勧めです。

読まれる英文は先に書いた二つの番組のものよりも長めの3~5分の長さで、スピードは大学のリスニング問題と大体同じ程度ですが、単語や固有名詞のレベルは少し難しいです。しかし二次試験ともなると多少難易度の高い単語も登場するのでよい勉強になるかと思います。また、番組内でメモを取る練習もさせてくれるのもポイントです。

オススメの聞き方は、聞く前にその日のテーマについて軽く予習しておくことです。こうすると中身が入ってきやすく、理解できなくて嫌になる、ということがなくなります。

また再放送を2回しているので、できれば通常・再放送の中から2回は聞くとよいです。1回目よりも格段に聞く力が上がっているのが実感できるはずです!

終わりに

いかがでしたか?

ラジオを上手く活用すれば、今よりもっとリスニング力を鍛えることができます。

普段、市販のリスニング用教材を使って勉強しているという人も、ぜひ一度ラジオ教材を活用してみてください!

こちらの記事も、ぜひあわせて読んでみてくださいね!

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。