めちゃくちゃ成長出来る、受験で得られる5つの力

goukaku-lab_2015-09-06_03-02-34.png

 受験は誰にとっても辛い経験の1つだと思います。落ちるかもしれないという恐怖に戦いながら、やりたいことを我慢して勉強し続けることは非常にきついことです。

しかし、受験生活を乗り越えた後には、これからの人生でとても大切になるスキルを得られたことに気付くはずです。ここでは受験から得られたスキルについてピックアップします。なんのために受験を頑張っているのか分からなくなった人はぜひ読んでみてください!

1.英語が使えるようになる!

 大学のカフェで本を読んでいたら海外留学生に声をかけられることがあります。また、大学生の中には長期休暇を利用して海外旅行を楽しむ人もいます。そんなとき、英語を話せればどれほど楽しいことでしょう。

「受験英語は文法がメインで、会話には役立たない」と言われることがあります。

しかし、そんなことはありません。単語や文法をきちんと覚えてそれに基づいて英語を話せば、相手も理解してくれます。また国際的な学会などのフォーマルな場面ででは、きちんとした文法にのっとったスピーチが求められます。

実際文法をしっかり習得している人ほど早く話せるようになるそうです。

したがって、受験を通して学ぶ英語力は、大学に入ってからも役に立つ場面が多いのです。将来のためにも英語は勉強しておきましょう。

2.論理的に考える力がつく!

突然ですが、文系・理系に関わらず、なぜ数学を勉強するのでしょう?一つには、物事を論理的に考える力をつけるためです。

「A、B、Cは同じ円の上にある。だから円周角の定理を使う。だから角度が分かる。だから正弦定理を使える…」といった具合です。

「今年の春には花粉が多く飛ぶと予測されている。だから多くの人が花粉症対策を行うだろう。よって花粉症グッズはよく売れると推定される」とか
「この会社の新しいテレビを買うと国からの補助金が出る。だからたくさんの人が買うはずだ。だからこの会社の株式に投資をしてもリスクは少ないだろう」といったように、理屈っぽい説明は文系・理系に関わらず必要です。

これは数学に限った話ではありません。例えば、論述問題では説得力があり採点者に分かりやすいような文章を書く必要があります。論述対策としてたくさん文章を書く経験を積んでいけば、自然と文章を書いたり話したりするときに根拠を添えられるようになります。

このようなスキルは社会人になってから非常に大切になります。受験勉強を通じてその力を鍛えましょう。

3.自分の勉強スタイルを作れる

高校を卒業した後も、試験を受ける機会がまだまだあります。TOEIC・自動車運転免許・簿記検定などを受験する人は多いと思います。

また、会社に入ってからは、決められた期限を守って自分で仕事をこなさなければなりません。

そんなとき、自分の勉強スタイル・仕事のスタイルをもっていないと、勉強・仕事のこなし方がわからない、なんてことになります。

自分のスタイルとは、例えば、「暗記ノートに書いて覚える」、「英語は発音しながら勉強する」、「計算は必ず途中経過を書いて残しておく」、「期限が迫っているものは机の前に付箋に書いて貼っておく」といったようなものです。

自分の勉強スタイルを持っている人は強いです。逆に、持っていないと苦労します。受験の間に自分のベストの勉強スタイルを見つけ出しましょう。

4.粘り強くなる

受験当日に「受験勉強は完成した」といって受験に臨む人はほとんどいません。受験勉強に終わりはないのです。

それでも、諦めることなく受験勉強を続けていかなければなりません。これは高校を卒業してからも同じことです。

社会で生きていくうちに、「答えのないもの」・「終わりの見えないもの」を追い求めることはよくあります。そんなときにでも、めげずに答えを探してゆく、粘り強い姿勢が必要となります。

成功する保障がない中で努力をすることは非常に難しいことです。ですが、手を引いてしまったことであと一歩で叶えられた夢も無になってしまいます。成功とは、そのような苦しい過程の一歩先にあるのです。

ゴールが見えないながらも自分を信じて頑張り抜くという力は、受験を経験することで自然と身に付けることができるのです。

5.かけがえのない友達ができる

受験は大変なものです。勉強自体は一人でやっているかもしれません。

しかし、休憩時間に話をする友達・勉強を一緒にする友達・勉強して一緒に帰る友達は、受験期のナーバスな気持ちを和らげてくれます。

成績や志望校で悩んでいるときに、その悩みをぶつけあう友達は、自分のことを分かってくれる「よき理解者」です。

同時に、お互い切磋琢磨し合える「最高のライバル」でもあるでしょう。同じ受験期という厳しい期間を共有した友達はかけがえのない仲になります。

卒業してからも、ずっとつながっています。受験は交友関係を育む大切な機会でもあるのです。

終わりに

よく言われることですが、大学入試に合格することがゴールではありません。あくまでも一つの通過点です。
しかし、その受験を乗り越えることで、様々な成長をした自分に出会えます。受験勉強を乗り越えた自分を想像しながら、受験へのモチベーションを上げてください。