ここぞ受験の天王山!夏休みの過ごし方~合格例と不合格例から考える~

goukaku-lab_2015-09-06_02-46-04.png

半袖を着ていても、丁度良い季節になってきましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

迫りくる夏休みにワクワクしている人、不安を抱いてる人など様々だと思います。
おっと、夏休みを前に、ワクワクしている受験生なんて恐らくいませんよね(笑)

“受験の天王山”と称される夏休み。過ごし方ひとつで、志望校の合否が大きく変わってきます

そこで、見事に志望校に合格を果たした先輩、残念ながらも志望校に不合格であった先輩、それぞれの夏休みの過ごし方を検証してみましょう。みなさんにとって有意義な情報がきっとあるはずです。

不合格例

京都大学経済学部 M.Tさん

ここぞ受験の天王山!夏休みの過ごし方~part1~

1 夏休みの始めに計画を立てましたか?

基本的に塾、夏期補講を中心に学習しました。夏期講習の取ったコマの多さは誰にも負けていないと思います。

毎日塾に、学校に大忙しでした。その日その日の授業を取りすぎたかなと反省しています。

2 具体的にどのような勉強をしましたか?

秋から志望校の過去問に取り組めばよいと思っていたので、基本的な事項の確認、その応用用に時間を割きました。

秋口の過去問対策に向け、どんな問題でも解けるようにと、とにかく新しい問題に多く挑戦しアウトアップ中心の勉強法を試みました。

また苦手科目の分を得意科目でまかなおうと、得意科目を中心に勉強しました。そのおかげで得意科目の成績はとにかく伸びましたね。本当に有意義な夏休みだったと自分では思いますよ。

3 どのような環境、心構えで夏休みは勉強にとりくみましたか?

僕は、ずっと自宅の自室で勉強をしていました。塾の自習室に比べると、周りが静かで、集中できると考えたからです。

そのおかげで、3~4時間勉強できるくらいの集中力はつきましたね。朝はゆっくり寝て、夜はじっくり勉強でき、まさにメリハリがついた夏休みだったと思います。

夏休みの心構えとしては、夏休み前に受けた模試で第一志望の判定が悪かったので、早々と第一志望を諦めてしまいました

第二志望の対策に特化し、絶対に第二志望は合格してやろうと思っていましたが、現実は甘かったみたいですね。

合格例

京都大学法学部 M.Tさん

140-05

1 夏休みの始めに計画を立てましたか?

はい、もちろんたてました。夏休み直前の模試で、数学が苦手で、国語が人よりできることがわかっていたので、苦手科目に関しては夏期講習で補い、得意科目は自主的に勉強しようと計画しました。

また、日々の勉強量を記した日記を書き、しっかりと自己管理をしました。

2 具体的にどのような勉強をしましたか?

私は、新しい問題をとくことよりむしろ、今まで解いてきた学校、塾のテキストの復習に重点を置き、勉強してきました。

最終的には、3周ぐらいしたテキストもあります。そして、もちろん、夏休み中に受けた模試の復習も欠かさずにやりました。

また、苦手科目である数学を少しでも克服するために、数学に時間を最も多く割きました。その分、得意科目の国語に時間を回せませんでしたが、数学の成績が上がったので、それはそれで良かったです。

3 どのような環境、心構えで夏休みは勉強にとりくみましたか?

私は、塾の自習室を利用していました。なぜかというと、朝早くから利用でき、自分のペースメーカーになると思ったからです。時々、友達と談笑してしまい、勉強に集中できなくなったのは反省点だと思います。

しかしながら、私は、実際の試験問題と同じ90分で区切り、しっかりとメリハリはつけ勉強できたと思います。

心構えとしては、私自身、夏休み前まで部活をしていたので、第一志望の判定こそ悪かったですが、諦めずに第一志望に合格してやろうというおもいでしたね。

終わりに

さて、二人の先輩の夏休みの過ごし方をみてもらったわけですが、決して不合格であったS.K君の過ごし方が間違いであるわけではありません。二人の夏休みの過ごし方を比べて、理想の夏休みの過ごし方とはどのようなものか検証してゆきましょう。

ここぞ受験の天王山!夏休みの過ごし方~7ヶ条編~はこちらから