【必見】たった2分で自信がみなぎる?「力の強いポーズ」

goukaku-suppli_2015-11-14_05-20-48.png
この記事は 2016年06月28日に更新されました。

不安になると、普段できていたことが出来なくなったり、ケアレスミスが多くなったりすることもあると思います。
そんなあなたにオススメしたいのが、すぐに自信が湧く「力の強いポーズ」です。

「力の強いポーズ」って?

「力の強いポーズ」とは、手を大きく伸ばしたり、胸を張ったりするポーズのこと。
スクリーンショット 2015-11-14 14.11.49
ハーバード大学の社会心理学者エイミー・カディによると、人間は身体のポーズを変えることで精神状態にも影響を与えるというのです。
これは皆さんも経験があると思いますよ。
辛い時、苦しい時に無理矢理笑顔を作ってみると少しだけ気分が軽くなったなんて経験はありませんか?
だからこそ、不安な時に手を伸ばしたり、胸をはったりして「自分は力が強いんだ」というポーズをすると、少しずつ自信が湧いてくるのです。
「こんな話、科学的根拠がないだろ」と思う人がいるかもしれません。
しかし、エイミー・カディは以下のような面白い実験をしています。

スポンサーリンク

「力の強いポーズ」は、やる気を起こしストレスを感じなくさせる!

【実験】
被験者を2つのグループに分け、片方のグループには「力の強いポーズ」を、もう片方のグループには「力の弱いポーズ」をそれぞれ2分間してもらい、その後の行動・体内物質の変化を調べます。
力の強いポーズ:ふんぞり返るなど、自分の体を大きく見せるポーズ
力の弱いポーズ:下を向いたり、腕を組んだりするなど体を「閉じる」ポーズ

【実験結果】
・体内物質
テストステロンやる気や幸福感の元となるドーパミンを作るホルモン
「力の強いポーズ」をした被験者……20%増加
「力の弱いポーズ」をした被験者……10%減少

コルチゾールストレスに敏感になるホルモン。
「力の強いポーズ」をした被験者……25%減少
「力の弱いポーズ」をした被験者……15%増加

以上の実験結果からもわかるように、「力の強いポーズ」をたった2分間するだけで体内物質が大幅に変化し、自信が湧き出て、ストレスを感じにくくなるのです。

最後に

皆さんも入試前や試験前で緊張したり、自信が無かったりするときは是非このポーズを試してみてください
自信満々なふりをして力の強いポーズをするのです。
そうすれば、自然と体内物質が変化し、本当に自信がみなぎってくるはずです。
自信が湧いてくることで、自分の思ったような結果に繋がるかも

参考:
エイミー・カディ 「ボディランゲージが人を作る」https://www.ted.com/talks/amy_cuddy_your_body_language_shapes_who_you_are?language=ja