【悲報】朝9時から活動するのは「拷問のよう」なことらしい

goukaku-suppli_2015-10-03_09-42-41.jpg

イギリスが報じた驚くべき話

オックスフォード大学睡眠概日神経科学研究所のケリー博士が驚くべき発言をしたとして、イギリスのメディアを賑わせました。

目覚まし時計をセットするのは、起きて仕事に行く時間に自然に目覚めないから

大きな意味では、刑務所や病院にも当てはまる。こういった場所では、人々(受刑者や入院患者)を起こして食べたくもない食事をさせる。まだ目が覚めていないので従順に従うだろうが、睡眠を奪うことは拷問だ

とのことです。
14~24歳の人が最もこの時間(9時)に起きにくいそうです。
体には概日リズムというものがあります。要するに体内時計と考えていただければ大丈夫です。
ケリー博士によると概日リズム通りに過ごすのが体に最も良いそうなのですが、高校生は10時から活動を開始するのが最も概日リズムに合うそうです。

長く眠る方が成績が上がるという説を唱えており、実際イギリスのとある週では1時間始業時刻を遅めた方が平均点が高まったそうです。

実際にそうなのかはまだ分からない

この話は完全に信じてもいい話とはまだ考えないようがいいでしょう。
早起きした方が作業効率が上がるという論文もありますから、これが科学的に完全に正しいとは言えないでしょう。

皆さんは自分に合った勉強時間に勉強するようにしましょう。
ちなみに私は、土日は昼まで寝て、そこから勉強するというスタイルでした。

参考URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150923-00000000-jct-soci