【邪道で効率UP!!】答えを「チラ見」勉強法!?

goukaku-suppli_2015-11-11_19-09-14.png
この記事は 2016年06月28日に更新されました。

みなさんは、問題集に付属している答えをどのようにして使っていますか?
「答え合わせ」」という言葉があるように、自分で問題を解いてから答えを見て合わせる、というのが一般的ですよね。

でも、問題集についている答えは答え合わせのためだけにあるわけではありません。
ここでは、僕が実際にやっていた答えを「チラ見」する勉強法を紹介します。

そもそも「チラ見」ってどういうこと?

「チラ見」の意味は極めて簡単。
ただ単に「答えをチラチラ見ながら問題を解く」、それだけです。

実際、僕は苦手だった物理をこの方法で勉強して、本番までには得意科目になっていました。
私がやったのは一つだけ。
少し自分で解いてみて、無理そうだったらすぐに答えをチラ見する、その繰り返し作業です。

スポンサーリンク

答えを見ながら解いて、意味あるの?

ここで皆さんに注意しておいて欲しいのですが、答えの「チラ見」と答えの「丸写し」は似て非なるものです。
答えをチラ見するのは、あくまで自分が行き詰まったところのヒントを得るためです。
ノートなどに解くときは、行き詰まったポイントに印をつけて、チラ見してしまった答えの一文を色ペンで記入し、そこからまた自力でがんばってみる、といった方法でやってみてください。
くれぐれも答えをチラ見してその形跡を残さず答えを書き写す、ということだけはやめてくださいね。

答えを見ながら解くと何かいい事あるの?

もちろん、自分でしっかり解いてから答え合わせをするのも一切間違ってはいません。
むしろ王道の使い方です。
ただ、この王道の使い方ができるのは「解き方がある程度分かっているから」です。

逆に、「解き方が一切分からない・思いつきそうにない」ときにはこの勉強法が役に立ちます。
分からなければ最初から答えを見て、なぜそう解いたのかという理由を押さえながら進めばいいのです。
この勉強法は、何も思いつかなくなって同じ思考を延々と繰り返す無駄な時間を削減できます

また、「勘で選んだ選択肢が正解だった! やった!」という偶然の正解による不理解の不理解を避けることができます
こうした偶然の正解は何の成長にもつながりません。

最後に

基礎はできるけど、難しい応用問題ができないという悩みを抱えている人は、ぜひこの方法を試してみてください。
徐々にチラ見頻度を減らせたら大成功です!
そして最終的には、自力のみで解き最後に答え合わせをする、という本番形式の演習に移れるようにしましょう。

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。

ABOUTこの記事をかいた人

いとぅ

小学生の頃3年間オランダに滞在、帰国後は神奈川県の私立中高一貫校に通い、現在東京大学理科一類の2年。最近ダイエット中。