【時間割や留学制度など】大学生活の超基本情報を2分でチェック!

goukaku-lab_2015-08-10_00-27-58.jpg

「大学ってどんなところ?」「高校と一体何が違うの?」当然気になる大学生活。いろいろな噂は聞いても、実際にはよく分からない大学生活に疑問は尽きませんよね。そこで、大学選びの参考にするためにも知っておきたい大学生活の基礎知識をご紹介します。大学の勉強制度など、あなたの疑問に答えます!

基礎知識徹底比較

 高校 大学
 全国の学校数  約5250校  約730校
 平均授業時間  50分  90分
 私服の学校:制服の学校の割合  2:8  9:1
 一校にある部活、サークル数平均  平均35  ★平均300

★日本一のサークル数を抱えるのは早稲田大学。その数は2000を超えると言われています。

時間割比較

高校

高校3年生 M.Kさんの時間割

 月
 1限  英語 数学 生物  国語 日本史
 2限  ライティング ライティング 生物 現代文 数学Ⅲ
3限  日本史 英語 数学Ⅲ 化学 英語
 4限  古典  数学Ⅲ  現代文  英語 化学
 5限  数学Ⅲ 体育  古典 数学Ⅲ 日本史
 6限  生物  日本史  数学C  体育  科学
 7限  数学C  生物  日本史  ライティング  数学Ⅲ

大学

上智大学1年生 理工学部物質生命理工学科 A.Kさんの時間割

 月
 1限  物質生命理工学Ⅰ  英語  情報リテラシー  英語  有機化学
 2限  物理化学  基礎情報学 理工学総論Ⅱ  無機化学
 3限  基礎生物学  微分方程式  基礎生物実験情報演習
 4限  基礎生物実験情報演習
 5限  死生学  理工学概論Ⅱ

★大学の授業1コマ平均90分。東大は105分だそうです…!

知っておきたい大学事情

単位制度

せっかく大学に入っても、卒業できなくてはどうしようもありません。大学では一つの授業を最後まできちんと受講すると、定められた「単位」を与えられます。卒業するためには、学部ごとに定められた卒業に必要な単位数(卒業必修単位数)を満たさなくてはいけません。入学したら計画的な授業計画をたてることが大切です。

成績

絶対評価による成績評価が今までは主流でしたが、最近ではGPA(Grade Point Average)という欧米の成績評価制度を導入している学校も多くなっています。自分の成績を総合、平均して数字化する制度です。遊びやバイトも大切ですが、大学はなんといっても学業の場。勉強に手を抜くと後々痛い目を見ることになってしまいます。

単位互換制度

大学間で協定を結んでいる場合、他大学で習得した単位を自大学の卒業必修単位に数えることができます。例えば、違う大学に編入したり、他大学の特別講義を受けに行ったりしても単位が移動できるのです。入学後の学習環境を知るために、自分の受ける学校の協定校を調べておくのもよいでしょう。

留年制度

聞きたくない単語ですが、現実に存在する制度なので知っておきましょう。留年制度は学校、学部によって形式が異なります。五年生になってしまう学校もあれば同じ学年を何度も繰り返す学校もあります。卒業必修単位数を満たさなければもちろんですが、学年ごとの必修科目を取れなくても、留年の可能性は出てきます。でもちゃんと真面目に授業に出れば問題ないはずですよ!

いかがでしかた?自分の大学生活をイメージするのにぜひ参考にしてみてください!