必見!!無駄なく成績を上げる世界史問題集ランキング

goukaku-suppli_2015-11-08_11-25-16.png
この記事は 2016年06月28日に更新されました。

こんにちは、ライターの竹です。

今回は、私が受験生時代に使っていたおすすめの世界史の問題集を紹介したいと思います。
そして、個人的に使いやすかった、役に立った順で順位付けをしました。

1位「入試に出る 世界史B用語&問題集」Z会出版編集部

今まで私が使った問題集の中で、一番実力をつけることができた問題集はこれです!!
この問題集は浪人の夏に、通っていた塾の先生に勧められて始めました。
掲載している問題は実際の難関私立大学の入試問題をベースにしているので、入試対策にも役立ちました。
問題はページの左側に掲載されており、右側のページには解答・解説と地図や表などが分かりやすく掲載されています。
この問題集は一度も机に向かってすることはありませんでした。
この問題集は一問一答形式なので、気分転換に休憩の時などに進めていきました。
電車の行き帰りや休み時間、気分転換の散歩に行った時に塾の近く公園のベンチで暗記したり(とても寒かったのですが)、そんな様々な場面で役に立ちました。

入試に出る 世界史B 用語&問題2000

スポンサーリンク

2位「実力をつける世界史100題」Z会出版編集部

難関私大の入試対策にもなり、それに加えて自分の苦手な分野を潰すことができたので良かったです。
この問題集は塾の先生に勧められて夏頃から始めました。
問題自体の難易度がそこそこ高いのですが、私は世界史が得意だったので、気軽に進めることができました。
解答・解説が非常に充実しており、問題よりも解答解説のページ数が多いです。
解説も図や表などがあり非常に分かり易いので、その分野の理解を深めることができます。
入試直前まで、1日につき1章をコツコツ進めていきました。

実力をつける 世界史 100題

3位「よくでる世界史B一問一答重要用語問題集」山川出版

この問題集は世界史の勉強を本格的に始めた高校2年生の頃から、使い始めました。
模試に頻出するような要点を網羅しているので、入試でもかなり重宝するでしょう。
マニアックな知識を含んだ問題も多少掲載されており、勉強するにおいて多少、効率が悪い面もありますが、ちゃんと実力はついたので、無駄ではなかったと思っています。
この問題集も一度も机に向かってすることはありませんでした。
基本的に私は一問一答問題集は往復の電車の中や休み時間などのスキマ時間にのみやっていました。

4位「早稲田大世界史」河合塾SERIES

この問題集はここ数年の早稲田大学の厳選された入試問題を収録した問題集です。
内容も早稲田の世界史らしく、かなりマニアックな問題が多く収録されているので、僕は勉強の気分転換に解きました。
解説もかなり充実しており、今まで覚えた知識を深めるのにも役に立ちました。
早稲田大学の世界史の形式にはある程度慣れましたが、あまり固執してやる必要はないと思います。

5位「ビジュアル世界史問題集」駿台受験シリーズ

通ってた塾の世界史の小テストで使っていた問題集です。
この問題集は名前の通り地図問題の対策に有効です。
地図問題が苦手な受験生にはおすすめです。
世界史資料集なども合わせて活用するなお良いでしょう。
地名などを覚えるのに役に立ちました。
世界史の流れを掴むには地図が頭に入ってるいるのが必須です。

いかがでしたか?

世界史の問題集といっても数多くの種類があります。
これらに挙げた問題集がみなさんの役に立てたらなら幸いです。
みなさんも自分にあった参考書を選んで、世界史の成績を無駄なく上げていけるよう頑張りましょう。

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。