中だるみの秋 ~どうしてもやる気が出ないあなたがするべき5つのコト~

goukaku-lab_2015-09-10_08-57-29.png

すっかり涼しくなり、過ごしやすい季節がやって来ましたね。

でも、この時期は体育祭や文化祭で疲れてしまったり、夏休み明け1年の折り返しで、「どうしてもやる気が出ない…」

「2学期始まったばかりだしもうちょっとダラダラしてもいいか…」と思ったことがある人も多いのではないでしょうか?

そんなやる気の出にくい中だるみの秋に最低限こなしておきたいことをご紹介します。

最低限こなしておくべきこと

1.ノートをしっかり作ろう!

最終チェック!これだけは!

どれだけ授業中に眠くても、ノートをしっかり作ることだけは徹底することをオススメします!

先生が黒板に書いたことをそのまま写すだけでは「ノートを作」ったとは言えません。「写す+α」の作業をする必要があります。

では、「+α」のとは何でしょうか?

それは、先生が話す大切なポイントや自分の気付きをメモすることです。そうすることで、ノートを見返せば常に授業内容を復習できる状態を作れます。家に帰ってもなかなかやる気が出ない、という人は多いと思います。

それはもう仕方のないことです。大切なのは、いざ勉強を始めようとしたときに、過不足なく勉強できるようにすること。

そのためにノートを作って万全の準備をしておきましょう。

2.マーカーを引こう!

288-02

マーカーを引くことが効率よい勉強に繋がるって知っていましたか?

手指を動かすと脳の広い範囲が刺激されます。すると、脳の血流量が多くなり、酸素や栄養が運ばれて脳が活性化するのです。マーカーの色も脳の働きと深く関係しています。

例えば、赤色は交感神経を刺激して、やる気を起こすと言われています。

また、黄色は左脳を刺激して、記憶力を高めたり、理解力をアップさせると言われています。これら色ごとの特徴も参考にしながら教科書や参考書にマークしてみましょう!こんなちょっとした工夫がやる気につながるのですよ!

やる気は作れる!?

模試の結果はどのように活用するべきか!? 合格するための、模試の結果の使い方。

上では、やる気が出ない時の対策法を書いてきました。

しかし、すぐにやる気を出したい!という人も多いと思います。

「やる気のコントロールは、自分ではどうにもできない」と思われがちですが、実はやる気は作れるんです!
やる気は脳の側坐核という部分で作れると言われています。
やる気を出すためには、一定の刺激と時間が必要ということが、脳科学で分かっています。

つまり、やる気が起きなくても、とりあえず机に向かい勉強を始めることで、それが刺激となって次第にやる気や集中力が出てくるということなのです!

やる気が出るのをただ待つのではなく、とりあえず机に向かってやる気を出してみましょう。

3.睡眠で生活リズムを取り戻そう!

快適受験生活

「何となく疲れている感じが抜けない。」

「集中力が続かなくなった。」
これらの原因は就寝時間が遅くなり、脳が疲れているからかもしれません。
この症状は不規則な生活をしている人に多く、夏休み中、不規則な生活をしていた人にもよく当てはまります。

解決方法は、良質な睡眠を取ること。就寝前には、お風呂に入り身体を温めホットミルクを飲むと良いでしょう。

体の芯から暖まることでリラックスでき、良い眠りにつくことができますよ。就寝時間の8時間前は昼寝をしないようにすることも睡眠の質を上げることに繋がります。

まず生活リズムを取り戻すことが中だるみから抜け出す一歩です。

4.旬の食材を食べよう!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-EFL92_kuritomomiji-thumb-1000xauto-16460

「食欲の秋」とよく言われますが、これは何故だか知っていますか?

それは、暑い夏が終わることで弱っていた食欲が回復するからです。

そして、この時期にはたくさんの食材が旬を迎えます。旬の食材は、免疫力を高める栄養素を豊富に含むものが多いです。

つまり、秋は身体を整える絶好の季節。サンマやナスなど秋の食材を積極的に食べるようにしましょう。

アミノ酸が多く含まれているサンマは、脳の疲れによく効きます。このように、旬の食材が勉強のやる気向上に効果的なのです!是非、活用しましょう。

5.優先順位を決めよう!

068

秋には、学園祭や体育祭など大きな学校行事がありますよね。

学園祭準備に部活動、そして勉強。とても忙しくなる時期です。

さらに、1年の折り返しということで「もう1年が半分終わってしまった…」と漠然とした焦りや不安を感じることもあるでしょう。

人は時間に追いつめられたり、精神的に余裕がない時にストレスを覚えます。

そして、何から手を付ければ良いのか分からなくなり、時間を無駄にしてしまうのです。そんな時は、一度落ち着いて〝今、すべきこと〟を書き出してみましょう。

そうすることで物事を客観的に捉え、優先順位が見えてくるはずです。

まとめ

心地よい季節である秋を最大限活用しないともったいない!

今回紹介したことを1つ1つ実践して実りある秋を過ごしてくださいね。