数学の成績をさらに上げるための3つの勉強法

iStock_000048859126_Medium1.jpg
この記事は 2016年06月28日に更新されました。

はじめに

やみくもに勉強してもなかなか成績が伸びない教科が数学です。
その原因はそもそもどのように勉強をすればいいのか分からないからかもしれません。
そこで今回は、効率的に成績アップにつながる数学の勉強法を3つご紹介します!

スポンサーリンク

1.自分の弱点を補強する

先に先に勉強を進めたい、もしくは面倒だと思って、苦手としている問題、苦手としている分野をほったらかしにしていないでしょうか?
そんなときは、自分の弱点を補強することに特化して勉強をしてみましょう。

まず模試などの機会や添削指導を通じて自分のつまずいたところを確認し、自分がいま弱点としている分野・問題を見つけます。次に、その例題や類似問題を使っている参考書から見つけて、繰り返し解いてみてください。自分の弱点を補強する勉強ができれば、数学の成績アップは確実です。

2.解法を身につける

数学の勉強に関して、一見効率的に見えて実は非効率な勉強法が丸暗記型の勉強です。もちろん数学の問題を解くのには公式の暗記は必須ですが、その公式の使い方、つまり解法を身に付けていなければ意味がありません。

公式を覚えるのと同時に、その公式を使った問題の解法も同時に身につけるようにしてみましょう。

おすすめの勉強法

解法を身につける上で有効な勉強法を1つご紹介します。
それは、「問題を見て、解法を思いついたらそのまま解答を見る」という勉強法です。
まず手を動かさず、頭だけで考えて行う勉強法なので、短い時間で行うことができますし、解法を考える訓練にもなるのでおすすめです。

3.例題を何度も利用する

最後に、数学の例題を活用してみましょう。
効率よく数学の成績を上げるのに役立つのが教科書や問題集の例題です。
例題には問題を解くためのエッセンスが凝縮されているので、例題を何度も解いて完璧にすれば解ける問題は一気に広がります。学校の定期試験だけでなく予備校の模試やセンター試験でも、教科書の例題の知識だけで解ける問題が出題されることは多いです。例題を実践的ではないと見限らずに、何度も繰り返し解くことは数学の成績アップへの近道と言えるでしょう。

終わりに

数学の成績をさらに上げるための3つの心構え、いかがだったでしょうか。効率的な勉強法を継続すれば、数学の成績は確実にアップします。勉強はしているのになかなか成績アップにつながらないと悩んでいる人は、ぜひ今回紹介した勉強法を試してみてください!

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。