受験まで80日を切った今、心が折れそうな時にすべき一つのこと

goukaku-suppli_2015-10-30_04-52-29.png
この記事は 2016年06月28日に更新されました。

こんにちは、ライターのリリィです。
今回お送りするのは今だから読んでほしい、挫けそうな時のメンタルを保つための方法
この秋、受験に向けて頑張る受験生全員に読んでほしい記事です。

あなたに残された時間は、あと少し

//
カウントダウンタイマー

ついにセンター試験までのカウントダウンの日数が3桁から2桁になりました。
ちょうどこの時期になると早い人だと推薦受験の対策が始まっていたり、大学別模試が迫ってきていたり。
やらなければいけないことは変わらずそこにあるのにもかかわらず、日に日に少なくなっていくカウントダウンの数字に焦って怯えているのではないでしょうか。
受験というものの存在が現実味を帯びてきて、突然不安になったり、成績が思うように伸びないことに対して必要以上にネガティブになってしまったりするのです。

スポンサーリンク

ネガティブ思考の悪循環に打ち勝つためのコツ

負の思考にはまってしまわないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。
その答えはいたってシンプル。
やることをすべて書き出すことです。

10月第4週to-doリスト

・〇〇模試の復習(月/火にやる)
・△△模試の復習(水/木にやる)
・英単語:100ページ(1日15ページ)
・長文英語読解:7章(1日1章)
・青チャート2B:例題70問(1日10問)
……

っといったように、やらなければならないことをノートや付箋、スマホのリマイダー機能なのですべて書き出し、それを消すことに集中しましょう。
そうすると、不安に思うことも減りますし、これだけやったんだ、という自信にもつながります。

やることを書き出すのって時間の無駄じゃない?

ところが意外とこの方が効率的だったりするんです。
それはなぜか?
悩むことがなくなるからです。
「今日何やらなきゃいけないんだっけ。えっと」そう考えている時間って無駄ですよね。
それに、やらなくてはいけないことが把握できていないと、思わぬ穴が最後までできたままだったり、気づかないうちに苦手が増えていたりします。これはとてももったいないことです。
1週間に1度、30分ほど時間を取って今週やることをすべて書き出すと効率的に勉強に臨めるようになりますよ。

最後に

これだけは言えることがあります。不安なのはあなただけではないということです。
この時期になると考え方がネガティブになってしまうのは、すべての受験生全員の、また受験を経験してきた私たちも通ってきた道です。
受験まで残りひと踏ん張り、あともうちょっと、頑張っていきましょう。
合格サプリ編集部は頑張る受験生全員のことを応援しています。

PICK UP!

Z会通信教育[PR]

学力の土台となる「読解力」「基礎力」の養成に役立つ2冊セットを希望者全員にプレゼント。
難関大合格に圧倒的に強いZ会から、夏限定の提案です。

「学力が伸びた!」といえる夏にするために、ぜひご活用ください!

ABOUTこの記事をかいた人

慶應義塾大学商学部2年。 「なんで文学部に行かなかったの?」とよく聞かれる文学オタク。 最近は大学の文学の授業にどっぷりとハマり、文学部のゼミに行くかどうかを真剣に思案中。