現役東大生が実践していた!数学の勉強効率を上げるための3つのポイント

fb2f89a2390edb8b0977a8ba94942a2a.png
この記事は 2016年06月28日に更新されました。

はじめに

数学に苦手意識を持っている人や、必要以上に時間をかけてしまったり、勉強しているはずなのに効果が出なかった、といった経験がある人はいませんか?数学に苦手意識を持ってしまったり、勉強したのに効果が出ないのはもったいないですね!

多くの現役の東大生は、以下の三つのポイントを重視しています。ここで確認しておくことで、数学の成績を伸ばしましょう。

スポンサーリンク

1.問題が解けない時は三分で諦めて答えを見よう

数学の問題を解いていて、解けずに悩むことに時間を使ってしまうことはないですか?考えてもこれは分からないなと感じたら、すぐに解くのを諦めて答えを見ることで時間を短縮しましょう。

数学は頭の良し悪しが大事だ、という意見が一般的にはありますが、実際に大事なのは典型的な問題の解法を知っているかどうかです。
つまり、解けない問題というのは単純に解き方を知らないだけなのです。

そのときは、いくら考えても無駄なので直ぐに解説を読みましょう。もちろん、全く考えずに答えを見るのは、自分が解けたか解けてないかすら分からなくなってしまうのであくまで問題をきちんと考えた上で解説を読みましょう。

間違えた時はどこで間違えたかを確認しよう

解けたと思った問題の答えが違うときがありますよね。その時は必ず間違いの原因を突き止めましょう。

その原因が計算ミスかもしれない、問題文の読み間違いかもしれない、根本的な勘違いかもしれない、場合分けミスかもしれない、と原因は様々ですが、その原因を取り除けば正解に辿り着いていた、となるまで突き止めることが重要です。

先程の解けない問題を解く場合とは対照的に、この作業には時間をかけて大丈夫です。この作業をせずに「正しい」解法を覚える、ということをしてしまうと、解法は知っているが自分が犯しやすい誤りを知らないために、いくら解法を覚えても、誤りを犯し続けてしまう、ということが起きてしまいます。
どんな問題があるのかを知るのと共に自分を知ることも大事です。

また、最後まで解けなかったときも同様です。自分がどこまで解けて、そしてどこで詰まったのかを認識しましょう。解答にここまで解けた、と書くのも復習するときに参考になっていいですね。

間違えた問題には日付と評価を書いて復習しやすくしよう

以上のことを実践して問題を解いたとします。いつか必ず復習する時が来ます。復習は新しい問題を解くわけではないので意味がないように感じてしまいがちですが、復習をしなければ折角勉強したことも忘れてしまうので、必ず復習しましょう。

このとき、解いた日付と評価(○×で解けたかどうか)を問題文の横に書いておくことで復習効率を上げることができます。

まず、日付があることで意識的に時間を空けて問題に取り組むことが出来るので定着率があがります。次に評価が書いてあることで間違えた問題だけを優先的に解くことができます。

副次的な効果としては、問題を解く度に日付と評価を書くことで達成感を得ることができます。また一度解けた問題でも何ヶ月か時間を空けて解けるかどうかを確認することで確実な学力を手に入れることができます。

最後に

いかがでしたか?意外と初歩的だと思ったかもしれませんが、以上の三つのポイントを意識することで、時間短縮・良質・定着率の高い勉強に近づくことが出来るはずです!
この勉強法で数学を得意科目に変えた人も多いですから、効果があることは間違いありません!

PICK UP!

進研ゼミ高校講座 [PR]

約9万問の入試分析が生んだ厳選テキスト!
今なら資料請求で「高校講座」の授業対策、定期テスト対策、入試対策を無料で体験できます。