イラストで見る、自宅の思い出~受験生あるある~

goukaku-lab_2015-09-06_02-53-02.png

大学生になった今では懐かしい、受験時代。

久しぶりに実家に帰省すると、部屋の中はあの頃の思い出がいたるところにあります(主に本棚の参考書)。

しかし、いい思い出ばかりとは限らないものです。

そんな思い出をちらりと載せておきます。
*悪い例について当てはまる場合は、戒めてくださいね!

常に同じページ

自宅の思い出~受験生あるある~

集中できなくて、一向に勉強が進んでいない状態。
気分転換で始めたゲームの方がメインになることもしばしば。同じページだけ完璧かというと、もちろんそれは言うまでもない。

常に休憩モード

自宅の思い出~受験生あるある~

親御さんが部屋に入ってこられた時の対策。
1時間に10分の計算で休憩を挟み、同一周期で部屋に入ってくるとすると、いつも休憩中。

そんな対策よりも、入試対策が大事なのは自明の理。

メイソウ中

自宅の思い出~受験生あるある~

親御さんが急に部屋に入ってこられた時、何も勉強用具が出ていなかったときの対策。

瞑想に耽り、精神を研ぎ澄ませている風を装うのである。頭の中は、ワンピースの続きが気になっているのは内緒。

儀式

自宅の思い出~受験生あるある~

部屋の乱れは、精神の乱れ。勉強する環境が、心理的な作用を及ぼすと踏んで、念入りな清掃作業が開始される。

このとき、掃除機と同じく、やる気はハイパワーであることが多い。

試験前はカツ

自宅の思い出~受験生あるある~

一般性はあるか分からないが、我々は試験前はカツだった。

マリオのキノコのように、明白な効果はないが、応援してくれている気持ちが嬉しい。
明日は勝つ。

現実逃避

自宅の思い出~受験生あるある~

インターネットを経由して、同じ痛みを共有・緩和しあう作業。

心休まれば、効果的かもしれないが、おおよそ無意味な情報収集に躍起になってしまう。

常にDo my best!!

自宅の思い出~受験生あるある~

前向きな気持ちで明日を乗り切る姿勢。努力の程度の低さに、何一つ自省がない。
その他に原因を求めることもある。

綿密な不可能計画

自宅の思い出~受験生あるある~

一日単語1000個、数学30題…など、焦燥感からか、到底終わりもしない計画を乱立し続けてしまい、結局はかどることはなくなってしまう。
実現・継続可能性を考慮すべし。

スイミン学習

自宅の思い出~受験生あるある~

睡眠しながら学習できれば…そんな夢をかなえようと、実行。
しかし、翌日は睡眠の浅さから、集中力がなくなってしまう。