基礎的なものからユニークでかっこいいものまで!テスト対策にも使える英単語の覚え方・暗記法

はじめに

みなさんがおそらく中学校から嫌な思いをしていること……。
それは英単語を覚えることではないでしょうか?

事あるごとにテストをされ、覚えるまで何回もやり直しさせられる。

もう英語なんてなければいいのに……。そう思っていないでしょうか。

でも、実は今の単語の”覚え方”に問題があるだけであり、非常に効率よく楽に英単語を覚える方法があったとしたら……。

ということで、今回は英単語の究極の覚え方をお教えします。

はじめは基本的なものから、最後はユニークなものまで様々取り揃えてみました。

ぜひ英単語の暗記でお悩みの方は、参考にしてみてくださいね!

【基礎編】おすすめの英単語の覚え方3選

まずは、みなさんも知っているであろう基本的な覚え方から紹介します。
アクロバティックなことよりも、まずは堅実に覚えていきたい方向けです。

覚え方1:英単語帳やノート、紙に書いて覚える

英単語の覚え方についてアンケートをとったところ、最も多かったのがこのやり方。

英単語を覚える上ではベーシックなやり方です。
実際、筆者も単語帳に書いて英単語を覚えていました。

しかし、ただ書いて覚えるよりは、次に登場する「声」も合わせて出しながら単語帳やノートに書いて覚えるのが良いでしょう。

また、書くという手段は時間もかかりますし、紙とペンがなければできない作業であるので、どうしても覚えられないものに絞って書いて覚えるのをおすすめします。

覚え方2:英単語を声に出して覚える

このやり方も多くの受験生が実践していました。

これは、東進の安河内先生や、灘高校の「キムタツ」こと木村達哉先生もおすすめのやり方です。

音読などをして、英単語を実際に自分で発音してみる。そうすると、目・耳・口などの五感を使った情報として脳に記憶されやすくなります。

また、自分の発音を耳で聞くことによって、リスニング・スピーキング力が向上します。

ただし、声に出して発音する時は、CDの音声や発音記号を参考にして、正しく発音するようにしましょう。

覚え方3:英語の例文と一緒に単語を覚える

これもアンケートをとっていて非常に多かったやり方の1つです。

例文と一緒に覚えることによって、その単語が文脈の中でどのような使い方をされているのかが分かりやすくなり、感覚的に覚えやすくなります。

また、長文でその単語が出てきた時に、文脈に応じて正しい日本語訳ができるようにもなるのです。

さらに、英作文でも、覚えた例文を使えば、表現の幅が広がります。

【基礎編】おすすめの英単語の使い方2選

覚え方がわかったところで、次は英単語帳の使い方を見ていくことにしましょう。

使い方1:英単語帳は1冊を完璧にするまで使い込む

せっかく単語帳を買っても、完璧に理解できなければ意味がありません。

時間をかけてでも良いので、まずは1冊完璧にやり遂げる単語帳を決めて、どのページの単語が出ても意味や使い方を答えられるようにしましょう。

1冊をモノにするだけでも、複数冊を中途半端にやった場合よりもかなり力がつきます。

実際、私は高校3年間で2冊しか英単語帳を購入しておらず、それらを完璧にしただけで東大の英文は読めるようになりました。

とにかくどの英単語帳でもいいので、1冊を仕上げる。
その上で、よりハイレベルな単語帳にチャレンジしていきましょう。

使い方2:英単語帳をメインとサブで使い分ける

これは、1冊の単語帳をずっと使っているとどうしても飽きてしまうという人向けです。

メインの単語帳を1冊決めて、それ以外はメインの単語帳に飽きた時の気分転換用や、電車に乗っている途中などのスキマ時間に使用するというやり方がおすすめです。

ただし、ここでもメインの単語帳の勉強がおろそかにならないようにしましょう。
あくまで1冊を完璧にすることが目標です。

次ページ:5分で単語を30個覚える方法を紹介!