【受験生必読】受験と恋愛の両立

goukaku-lab_2015-09-06_11-07-59.jpg

はじめに

合格サプリのお悩み相談室にもよく受験期の恋愛に関してのお悩みが届きます。
恋愛に熱中しすぎて、勉強に身が入らなくなるのではないだろうか。いや、そもそも受験中に付き合うなんて良くないのではないだろうか。そんな悩みを持つ受験生はたくさんいるのです。

そこで今回は、実際に恋人と付き合いながら受験勉強に励み志望大学に合格した先輩と、それとは反対に、恋愛に失敗しそのせいで成績が下がってしまった先輩を取り上げます。

これを参考に「受験期の勉強と恋愛の両立はできるのか」という大問題について、皆さん自身でぜひ考えてみてください。

恋人と目指した志望校に、見事合格! 東京大学法学部 K・Nさんの場合

僕は、彼女と二人三脚で受験を乗り越えることができました!
週末には二人で図書館に通って勉強し、わからないことがあれば教えてもらいました。もし彼女がいなければ、わざわざ図書館に向かう気持ちにはなれなかったと思います。

また、どちらがよい成績をとることができるか競争したり、模試の判定が悪いときにはお互いを励まし合いました。
ストレスが溜まりがちな受験において、辛さを分かち合うことができるパートナーがいることはとても重要なことだと思います。僕の場合は、彼女と楽しく話をすることが良いリフレッシュになり、勉強のモチベーションを保つことができました。

しかし、恋人のことを考えて勉強に集中できないなどのデメリットもありました。そのため、僕たちの場合は、「メールは寝る前に一通。」「電話は日曜日の夜。」などとルールを決めることで勉強時間を確保しました。

そして、二人一緒に志望校に合格することができました。恋人には本当に感謝しています!

【成功理由】 恋人同士のルール決めで、気持ちを切り替えました!

受験期に異性と付き合う上で大切なことは、勉強と恋愛の気持ちの切り替えです。お互いにルールを決めることで恋人との時間と、勉強の時間をそれぞれしっかり確保しましょう。そうすれば勉強と恋愛は両立できます。

恋愛に熱中しすぎることなく、恋人と一緒に合格を勝ち取ってください。

恋人と別れてから、勉強に集中できなくて… 慶應義塾大学法学部 I・Mさんの場合

私には高2の秋から付き合っていた彼女がいました。お互い同じような成績だったので、同じ大学を目指して一緒に頑張っていました。付き合いはじめてちょうど1年目のその日、事態は急展開をむかえます。彼女が夏の時点で別の大学に指定校推薦で受かっていたことを私に打ち明けたのです。

私はそのことを隠されていたこと、同じ大学を目指せなくなったことにとてもショックを受けました。このまま合格が決まった彼女と一緒にいれば、勉強から逃げてしまって大事な冬を乗り切れないのではないか。そう考えて別れることにしました。

しかし、別れた後にも気持ちの整理がつかず、秋の模試では良い成績がとれませんでした。

その後も彼女と別れたことを後悔してばかりで勉強に集中できず、成績は下がる一方でした。
なんとか気持ちを切り替えて、無事志望校には合格することができましたが、しっかりと気持ちの整理をつけないまま別れてしまったことをとても後悔しています。

【失敗理由】 気持ちの整理がつかないままに別れてしまった!

勉強に集中するためにせっかく恋人と別れたのに、後悔してばかりしているようでは意味がありません。別れた後もずるずると気持ちを引きずってしまうと思うのなら、恋愛を続けることをおすすめします。支えてくれる恋人がいることは、良いことだと思います。

一方で、気持ちの整理をつけないまま別れると、恋愛も失敗、受験も失敗、なんてことになりかねません。別れるときは、きっぱりと別れること!