気持ちよく目覚める!毎朝10分のルーティーン

time-371226_640

こんにちは、早起きしすぎてみんなに「おばあちゃん」と呼ばれがちな竹さんです。

突然ですが、みなさん朝型生活できてますか―――?

なにかと早寝早起きが大事と言われるこのご時世で、「今度こそ夜型生活から脱却するぞ!」と決意したことのある人は少なくないと思います。

ですが、、、

朝型生活継続するのって難しいですよね。

そこで今回は気持ちよく朝起きてそのまますっと勉強机に向かえるような習慣を身につけてもらおうと思います。

題して「気持ちよく目覚める!毎朝10分のルーティーン」

それではさっそく参りましょう!

1. 布団から出る

最初にして最大の難関は「布団から這い出ること」です。

布団に入ったまま目覚まし時計を止めるだけ止めて二度寝をしている人、多いんじゃありませんか?

明日からは腕だけ伸ばして目覚ましを止めるのは禁止です!

目が覚めたら思い切って布団をはねのけましょうー

それができたらそのまま布団を片付けちゃいましょう

二度付け禁止ならぬ二度寝禁止に自分を追い込むことが大事です

布団ならたたんで押入れへ、ベッドならベッドメイキングをしてベッドの上にハンガーや参考書など部屋にある固いものを積んじゃいましょう

こうすれば寝たくても寝られる環境はなくなります

スポンサーリンク

2. 大きく伸びをする

布団から出ることに成功したら思いっきり伸びをしましょう

両手を上にあげて、つま先立ちになって、ぐーっと伸びて身体も起こしてあげましょう

たったこれだけの動作でも意外としゃきっとするものなんです

伸びの効果をばかにしちゃだめですよー!

3. 日光を浴びる

二度寝大好き昼寝大好き引きこもり大好きな人にありがちなのが一日中カーテンを閉めっぱなしで部屋にいることです。

これって続けてると体内時計ずれていくってご存知でしたか?

朝起きて日の光を浴びて体内時計をリセットしてあげないと一日一時間ずつ寝る時間が遅くなっちゃうらしいんです。

ってことは自動的に起きる時間も一時間ずつずれていくってことですよね?末恐ろしい…

カーテンを開けて太陽の光を全身で浴びて健康的な体内時計を保ちましょう!

次ページ:まだまだここから!

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。