ツアーコンダクターになるには~観光業の専門学校を徹底調査!~

在学中に取れる資格

  • 国内旅行業務取扱管理者資格[国家資格]
  • 総合旅行業務取扱管理者資格[国家資格]
  • 国内旅程管理主任者[修了者](ツアーコンダクターになるには必要な資格)
  • 旅行地理検定
  • AXESS実用検定
  • 損害保険募集人 一般試験
  • 実用英語技能検定
  • TOEIC
  • ビジネス能力検定(B検)
  • コンピュータサービス技能評価検定(ワープロ・表計算)
  • POP広告クリエーター技能審査試験
  • 秘書技能検定

 などなど

旅行に関するものだけでなく、英語力から秘書の資格に至るまで本当に多岐にわたりますね、、、!

中でもツアーコンダクターになるうえで重要なものをピックアップして説明していきますーー!

国内旅行業務取扱管理者資格/総合旅行業務取扱管理者資格とは

旅行業務取扱管理者は、旅行業界で唯一の「国家資格」

旅行業務取扱管理者は、旅の企画立案や取引・実施にまつわる幅広い業務を扱うことができます。

国内・海外旅行の両方を取り扱う「総合旅行業務取扱管理者」と、国内のみの「国内旅行業務取扱管理者」の2種類がありますが、国内の方が圧倒的に易しいです。

勉強量が「総合」と比較して60%程度ですむことと、「国内」を取得すると「総合」の受験の際、2科目免除されますので、先に「国内」の取得することをお勧めします。

国内旅程管理主任者資格とは

旅行会社が企画するツアー、または団体旅行に同行し、旅行計画に従って交通機関や各種施設との調整を行ったり、対応したりして旅程を調整する業務に当たるため必要になる資格です。

添乗員として旅行客に観光地案内を行ったり、演出をして場を盛り上げたりすることもあります。

職業

ツアーコンダクター
団体ツアーの始まりから終わりまで旅行客の世話をし、ツアーの全行程を運営します。

旅行代理店に勤務する場合と、ツアーコンダクター専門の派遣会社に登録する場合があります。

大手旅行代理店だと、営業、手配、添乗と分野が分かれ、旅行に同行する添乗を受け持つのがツアーコンダクター。

ほとんどの代理店では手配から添乗まですべてに関わっています。

主な仕事は、スケジュール管理や、ホテルやレストラン、観光地などでの案内、観光イベントの確認、現地の交通状況や地理、歴史などの情報収集、空港での参加者の送迎、入国&出国手続き・税関検査などの説明など。

給料
ツアーコンダクターの平均年収は300万円~400万円程度が相場となっています。

長時間労働になりがちで体力も要する仕事ですが、旅行業界の競争が激化する中、経費削減の流れで給与水準も下がっているようです。

月給のほか、ツアーの内容によって日当で給料が支払われるケースもあります。

まとめ

いかがでしたか?

いま人気の職業ツアーコンダクターになる道が開けてきましたか?

ぜひぜひいろんな職業を視野に入れて進路を考えてみてくださいね。




皆さんの意見を聞かせてください!
合格サプリWEBに関するアンケート