【今どき受験生の悩み】SNSで受験に失敗しないための4つの方法

学校イメージ

こんにちは!ライターのBenzene君です。

部活動や学校行事も終了して、残すは大学入試のみ!

そんな意気込みを持って受験勉強に取り組んでいる高校生は多いはず。

ですが、ちょっと待った!

 

「LINEでいつも話し込んでしまう・・・」

「Twitterがやめられない!」

と悩んでいませんか?

 

今や、SNSは多くの受験生にとって悩ましい問題の1つかもしれません。

SNSを使うと受験期でも自由に友達とコミュニケーションをとったり、自分から情報発信することができるのが魅力です。

一方で、気が付いたら時間が大量に費やされて、勉強が進まないことも多々…

この記事ではそんなSNSとのうまい付き合い方を提案し、受験勉強により集中して取り組めるようにするための具体的なストラテジーを紹介します!

ここでは、多くの人が利用しているであろうSNSのサービスであるLINETwitterにフォーカスして話を進めていこうと思います。

Method 1  自分の発信を見直してみる

まず、受験期に入ったらSNSの利用法を見直してみましょう。このとき、

「自分からはどのくらいメッセージを発信しているか?」

と考えてみてください。

 

自分から発信するメッセージが多すぎると思う場合、使い方を見直す必要があります。

例えばTwitterの場合、1つのツイートをする度に「いいね!」やリツイートの数が気になり、その後もスマホの通知をチェックし続けてしまう・・・というのはよくあるパターンです。

また、LINEの場合は対話を始めてしまうと、しばらくの間自分も相手も拘束されます。

厄介なことに、あまり意味もなくメッセージを送ると相手の時間まで奪ってしまうことになりかねません。

 

これからは、メッセージの「送信」ボタンを押す前に

「このメッセージは本当に送る必要があるのか?」

と、ちょっと立ち止まってみてください。

このわずか数秒の習慣で、SNSを更に上手に使えるようになります!

 

なお、受験勉強全てについて言えることですが、このような「自己コントロール」はとても大切なスキルです。

SNSを使うときも、自分のコントロールをしっかりしていきましょう!

次ページ:通知との付き合い方は?

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。

ABOUTこの記事をかいた人

Benzene君

東京大学理科3類1年のBenzene君です! benzene(ベンゼン)とは、化学でもおなじみの物質のひとつ。 リラックスした表情で、受験生のみんなをゆったりサポートします。