入学してから後悔したくない人必見!現役東大生による、東大学部紹介〜法学部編〜

Pasted image at 2017_05_05 06_00 PM

東大を目指している受験生のみなさん、どこの学部を目指すかもう決めましたか?

なんとなくで学部を決めてしまうと、入学してからすごく後悔することになりますよ!

私の知り合いにも、数学が苦手なのに経済学部に入学し、毎日の課題に苦しんでいる人がたくさんいます…

そんな風にはなりたくありませんよね?

そこで今回は東大の学部について一つずつ紹介していきます!

まずは法学部についてです。

所在地

東大にはいくつかのキャンパスがありますが、法学部のキャンパスは赤門でおなじみの本郷です。

住所 東京都文京区本郷7丁目3−1
アクセス ・本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線)より徒歩8分
・本郷三丁目駅(地下鉄大江戸線)より徒歩6分
・東大前駅(地下鉄南北線)より徒歩1分

その本郷キャンパスの中でも法学部生がどこにいるのかと言いますと、正門を入って左右対称に配置されている建物、法文1号館・2号館です。

登録有形文化財であり、歴史の重みが感じられる建物なんです!

学科・コース

法学部には3つのコースがあります。

・第1類(法学総合コース)
・第2類(法律プロフェッション・コース)
・第3類(政治コース)

かみ砕いて言うと、第1類が官僚になる人、第2類が弁護士・裁判官など法曹界に入る人、第3類が企業に就職する人の進学先です。

官僚・弁護士・裁判官などになりたいという希望が特にない人は、第3類に進み法律の知識を活かして企業で働くというケースが多いようです。

時間割例

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1限目(8:30~10:15) 刑法第二部 日本政治外交史
2限目(10:25~12:10) 行政法第一部 民法第二部 商法第一部 日本政治
3限目(13:00~14:45) 日本政治外交史 憲法第一部 行政法第一部 会計学
4限目(14:55~16:40) 民法第二部 日本政治 刑法第二部
5限目(16:50~18:35) ゼミ

法学部3年生の時間割はこんな感じです。

やはり将来弁護士や裁判官、官僚になる学生がたくさん所属している学部だけあって、授業内容も難しそう…

それでも法を学ぶのはおもしろいという声はよく聞きます。

法学部に行かないとわからない楽しさもあるのでしょうね!

教授紹介

東大の名物教授として知られているのは、駒場キャンパスで憲法を教えていらっしゃる、日比野勤教授です。

声が小さくて最前列に座らないと授業が聞けない、2限に始まって昼休みが終わる時間まで授業をし続ける、だけど授業の内容はおもしろい、という自由なスタイルでたくさんの駒場生の注目を集めていました。

もう一人、藤原帰一教授を紹介したいと思います。

本郷で国際政治と東南アジアの政治の授業を担当していらっしゃいます。

よくテレビなどに出演し、「クローズアップ現代」などのコメンテーターとして活躍していらっしゃるほか、国際政治・戦争に関する本も書いていらっしゃいます。

藤原教授の著書を読んで、「この先生の授業を受けてみたい!」と思った人は、ぜひ法学部を目指してくださいね。

卒業論文例

法学部生は卒業論文を書く必要がありません!

こう聞くと法学部って楽そうだな〜と思えるかもしれませんが、法学部生はゼミなどで卒論に匹敵する文量のレポート提出が義務付けられています。

そこでここではゼミ論文をいくつか紹介したいと思います。

タイトル 名前
衆議院選挙における有権者の投票行動のマッチング分析 金子智樹
参議院の「カーボンコピー論」再考 -参議院与党による多元的民意の反映と立法過程への潜在的影響力- 高宮秀典
自民党派閥の政策位置の変化とその要因  村川拓也

法や政治についての研究も、法学部でできるんですね!

就職先

東大法学部を卒業後、どこに就職しているのでしょうか?

2014年度卒業生の卒業後を見ていきましょう。

第一類 スクショ
第二類 スクショ
第三類 スクショ

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。