〇〇しながら勉強!?  ながら勉強で効率UP!

スクリーンショット 2017-06-17 23.49.48

自分の一日を振り返ってみると、無駄にした時間が結構ある、
勉強にあまり集中できていなかったということがよくありますよね。

そこで今回は勉強の質を上げたり、時間を効率よく使えたりする勉強法をご紹介します!

① ガムを噛みながら勉強

ガムを噛みながら勉強するのは不真面目そうに思えるかもしれませんが、
実はガムを噛むと脳への血流が良くなり、集中力アップにつながるのです!

他にも虫歯予防や食欲抑制などガムを噛む利点は多いですが、噛む音が気になる人もいるので、場所には注意してください。

スポンサーリンク

② 風呂に入りながら勉強

お風呂に入っているときは、リラックスして集中力やひらめきが生まれやすなる「α波」という脳波が発生するようになり、勉強がはかどりやすいんです。

防水の参考書や単語帳を使用したり、ビニール袋に暗記したいことをまとめたメモをいれてお風呂に持ち込めば、受験生でも罪悪感なく長風呂が楽しめますよ。

③ 運動しながら勉強

ずっと勉強ばかりしていると体が鈍ってしまいますよね。
ときには軽い運動やストレッチをして体を動かしながら勉強してみては?

体を動かすと、人間の記憶をつかさどる「海馬」という場所を活性化されるため、
暗記効果がアップするんです。

運動が苦手なら、部屋の中を歩き回るだけでもOKですよ。

④ トイレしながら勉強

大物が出そうで出ない、だけどトイレから出るとまずい! という経験は
誰でも一度はしたことがありますよね。

実は、トイレは外部の音を遮断した狭い空間なので、集中するのにはもってこいの場所なんです。
大物が出るまでの間、参考書を読んだり単語帳を進めて、疑問点を解決して頭も体もすっきりしちゃいましょう。

<番外編>
こんな勉強法も…ないです!

⑤親の説教を聞きながら勉強

親の説教がくるな~と思ったら、
すかさずワイヤレスの小型イヤホンを耳に装着し、リスニングの音声を流しましょう。

入試本番ではリスニング試験中に雑音や騒音があることも考えられるのでその対策にもなりますね。
ですが、くれぐれもばれないようにしてください。

PICK UP!

2017年度大学入試出題数No.1の朝日新聞が、7日間の無料お試し読みキャンペーンを実施中!
今なら、受験に役立つ合格応援セットをもれなくプレゼント!