高3の4月模試でセンター数学50点台から本番で90点台に上げた方法

大学入試センター試験過去問レビュー数学1・A,2・B 2018(河合塾シリーズ).jpg

センター数学の点数40〜50点UPは不可能ではない!

高3の4月、私は東進のセンター試験本番レベル模試で、数IAが57点、数学IIB38点という絶望的な点数をとってしまいました。

当初東大を第一志望としていましたが、東大に合格するにはセンター試験で全科目合計9割超えは必須。東大はおろか、地方国公立にすら引っかからないであろう悲惨な状況だったのです。

このまま放置してはいけないと一念発起し、センター数学で9割を超えられるよう、数学に全力を注ごうと決意しました。

そんな私が、センター試験本番までに数学の点数を40〜50点上げた方法をここで紹介します。

スポンサーリンク

センター対策をする上でまずやるべきこと

どの教科にも言えることですが、勉強を始める前に、まず自分の立ち位置を確認することが重要です。

具体的には、まずセンター模試で間違えた問題を分析して、どこが分かっていないのか、どこで時間が足りていないのかを見ます。次に、どこまで点数を上げなければならないのかを確認します。

私の場合、センターの全科目合計9割が必須でした。センター数学の平均点は数IAが約61点、数IIBが約52点。もちろん平均点を目指すのでは全科目9割は狙えません。そもそも現状が平均点にすら達していないのです。

ここで数IAIIBともに9割取らなければならないことを改めて確認しました。

センター数学の勉強の仕方

苦手分野は教科書レベルを見直す

模試で最初から歯が立たなかった分野は、教科書の章末問題レベルから解けていないことが多いです。

一旦青チャートで基礎問題を解いて、問題の中で習った分野がどのように応用されうるのかを確認してから、教科書の章末問題を解きましょう。そうすると、すんなり解けるようになります。

教科書の章末問題が解けるようになると、センターの問題では最後の問題以外はだいたい解けるようになるのです。

得意分野はセンターの過去問、センター模試の過去問で場数をこなす

センター数学は出題パターンが決まっていることが多いです。例えば、ベクトルの問題では内分に関わる問題が頻出です。どのようなパターンの問題が出やすいのか実際に解いてみて、脳にインプットしましょう。

分量としては、河合や駿台などのセンター模試の過去問題集1冊を解くのがおすすめです。

最新の傾向に合わせた問題が収録されており、1冊につきセンター模試4〜5回分と、短期間でやりきることができるので、「パターンを把握するだけのためにちょっと解いてみる」のにちょうど良い分量だといえます。

また、過去問演習をする上で重要なのが、問題のやり直しです。

間違えた問題に付箋をつけ、どうして間違えたのか、正しい解法はどのようなものなのかをメモしておきましょう。そうすれば、異なる年度の問題を解いた時に、同じようなミスをすることを防ぐことができます。

さらに、問題を解いてやり直しをしていくうちに、得意分野の中でも意外と忘れているところが見つかると思います。その場合は苦手分野と同様に、問題集で解き方を確認して対処しましょう。

どのように計画を立てて解くか?

センター数学の点数を本番までに自分の志望校のレベルまで上げるには、どうすれは良いのでしょうか?

おすすめの方法としては、まず高3の9月までに青チャートを(エクササイズ含めて)5周して基礎固めに専念することです。

次に10月頃から、模試対策も含めて、センター模試の過去問を2〜3周解きます。センター模試が一通り終わった12月からは、センターの過去問を15年分×2周します。

この時、2000年以前の問題を解くのは、学習指導要領が大きく変更されているためおすすめしません。

最後の難しい問題=ラスボスはとばして解く

解いているうちに分かるとは思いますが、センター数学は時間との戦いです。そのため、時間内に解ける問題を見極めるのが重要になってきます。

だいたいの場合、大問の最後には難易度の高い問題(ラスボス)が用意されています。分量が明らかに多いセンター数学を、全てまともに解こうとすると、どんなに計算の速い人でも60分では解けないでしょう。

そこで、普段から時間を測って解き、時間のかかるラスボスをとばして、他の基礎的な問題の見直しに時間をかけるのが、戦略として考えられます。そうすれば、結果として高得点を奪取できるのです。

その他注意すべき点

数Aの整数問題や図形問題、また、条件付き確率などは、学習指導要領が改訂されてから出題されるようになった問題です。

そのため、センター本番の過去問も少ないのです。このような問題は、センター模試の過去問やセンターパックを解いて対処するのが良いでしょう。

まとめ

数学の点数をセンター本番までに上げるためには、まずは自分の立ち位置を確認し、次に問題演習とやり直しをして、場数をこなすことが重要です。

数学が苦手な人にとっては大変かもしれませんが、数学はパターンさえ掴んでしまえば点取り科目にもなるので、頑張ってください。