国語を参考書と問題集で制覇する!直前期に東大国語を30点伸ばした東大生がオススメする参考書と問題集

国語は参考書と問題集だけで点数が上がるのか

あらゆる教科の中で、国語は自学が難しい科目です。塾に通わずに参考書や問題集だけで成績を上げることは難しい、と思っている方も多いと思います。実際私は塾で国語を受講しておらず、秋の東大模試の国語では40%ほどの得点率でした。

しかし、その時自分の勉強法を振り返り、自分が持っている参考書や問題集の使い方を考え直して直前期まで勉強を続けた結果、直前に行われたプレテストで120点中80点をマークし、本番でも82点をとることができました。その経験から、良質な参考書と問題集を正しく利用することで国語の成績は上がると言えます。

今回の記事では、私が実際に使用した問題集を現代文、古文、漢文に分けて紹介いたします。

国語の参考書、問題集を使う際は解答を添削してくれる人を見つけると良い

国語の参考書や問題集を使う時に最も大切なのは、自分の解答を添削してくれる人を見つけることです。

国語の記述対策は模範解答を丸覚えすることではありません。解答を作成した時に、その解答のどこが良くてどこが悪かったのか、という分析を自分だけで行うのでは不十分です。学校や塾の国語の先生に添削をしてもらうことによって、客観的に自分の解答を分析することができます。

また、どこを改善すればより良い答案が書けるか、といったアドバイスをもらうことで、その時の失敗を次に活かすことができます。自分が1番信頼できる先生に添削をお願いしましょう。

オススメの現代文問題集

入試現代文へのアクセス(河合出版)

現代文の問題集の入門として使うには『入試現代文へのアクセス』が良いです。この本は基本編、発展編、完成編の3種類があって、全てに取り組む価値があります。解説が非常に詳しいので自学に最適です。

使い方のポイントとして、私は問題を解くことに加えて必ず本文の要約を行なっていました。要約という作業を通して本文の内容をより深く理解することができるうえに、短い時間で筆者の主張を的確に捉える訓練が可能になります。

現代文読解力の開発講座(駿台文庫)

問題を解くプロセスを大切にした1冊。使用する際は、問題演習というよりも解き方を吸収することを目的とすると良いです。

10問収録されていて、解説が非常に丁寧です。文章全体がどのような流れになっているのかが分かりやすく、読解の際にどこに注意して読めば良いのか、どのような表現の後に大切な内容が来やすいか、なども明記されています。

何度も読み込むことで「どのように問題を読解していけば良いのか」を掴むことができます。解説の文体が口語に近くて読み進めやすいのも特徴です。

生きる現代文読解語(駿台文庫)

現代文を攻略する上で、用語を理解することは非常に大切です。この本では、理解すると文章の理解度が格段に上がる大切な用語が多々紹介されています。また、ただ用語とその意味の羅列が載っているのではなく、問題形式なので効率的に用語を覚えることができます。

オススメの古文問題集

文法

ステップアップノート30 古典文法基礎ドリル(河合出版)

古文学習の第一歩として非常にオススメです。古文学習において1番大切なのは文法です。基本的な文法をマスターしないと、いくら単語を覚えても文章を読めるようにはなりません。

この本は、文法項目ごとに基本的な問題がまとめられているので初めて文法に取り組む人にとってはとても扱いやすい問題集となっています。文法はだらだらと時間をかけるよりも短期間に集中して行う方が効果があります。2ヶ月などと短い目標を定めて、一気に消化しましょう。

読解

Z会の古文入門、古文上達、古文完成シリーズ(Z会出版)

はじめは文法を問う問題が中心ですが、だんだんと読解要素が強くなってきます。そのため、初学者にとって非常に使いやすいシリーズです。このシリーズを完璧に消化するとかなりのレベルの問題に対応できるようになります。

ただ解いて答え合せをするだけでなく、一度やった問題については何度も音読しましょう。私は一文ずつ音読しながら解答を見ないで現代語訳する作業を必ず行うようにしました。その作業を終えたら、文章を黙読しながら現代語訳を通しで口に出し、最後にもう一度古文を音読していました。

ここまで音読すると本文中に出てきた単語の意味も自然に覚えることができます。古文上達の最大のポイントは音読です。やった問題は答え合せをして放置するのではなく、必ず繰り返し音読しましょう。

単語

二刀流古文単語634(旺文社)

純粋な単語暗記をコンセプトとするピンク色の1冊と、文章を読みながら単語を暗記するというコンセプトの青色のもう1冊、という2冊分冊型の単語帳。

前者は一般的な単語帳のように古文単語とその意味がひたすら載っています。隙間時間に確認したり、多少出題頻度は低くてもより多くの単語を覚えたいという場合は前者が便利です。

後者は重要頻出用語が含まれる文章が複数載っていて、文章を読むことで自然と用語を覚えたり、用語が文中でどのような使われ方をするのかを知ることができます。

私はまず青色の方を利用して何度も文章を音読し、そこに登場した重要単語で知らないものがないようにしました。その後ピンク色のもう1冊で、青色の方で覚えた単語をきちんと身につけたかをチェックし、それが終わったら1冊丸々を学習し、さらに多くの単語を身につけました。

純粋にどんどんと覚えていく暗記法は、数を覚えるという面では効率的ですが、どうしても単調で無味乾燥な作業になってしまいます。また、文章を読みながら覚える方法は、その単語の文中での使われ方を実践的に理解することができますが、時間がかかるので直前期に詰め込むには不便です。この1冊でその2つの方法を同時に実践できるため、双方のメリットを享受することができます。

オススメの漢文問題集

句形

学校で配られる句形がまとめられた文法の参考書

漢文は句型を制覇すれば確実に解けるようになります。まずは学校で配られる文法の参考書を完璧にしましょう。私は漢文必携を使用していました。例文の書き下し文と日本語訳を全てペンで消して赤シートで隠し、文章を見ただけで書き下しと訳がスラスラ言えるようになるまで何度も音読しました。音読だけなので一ヶ月もあれば10周以上回すことができます。

この方法には2つのメリットがあります。1つは何度も繰り返して音読することで知らぬ間に例文を覚えられるということです。

私が使っていた参考書をはじめ、句形が収録された本に載っている例文の多くは有名な文章からの抜粋です。暗記しておくと本番でその文章が出題された、という思わぬラッキーが起こるかもしれません。

2つ目は口に出すことによって漢文のリズムを体で覚えることができる点です。文章を見ただけでスラスラと書き下し文が言えるようになると、初見の文章を読むときも非常に早く内容を捉えることができます。また、返り点がなくても漢字の並びだけで書き下し文が予想できるようになるので、白文だけで意味を把握できるようにもなります。

読解

センター試験の過去問

基本的な句型を覚えたら演習問題を通して読解力を身につけましょう。オススメはセンター漢文の過去問です。基本的な問題ばかりですが、時間を15分など厳しめに設定し、返り読みをすることなく一回読んだだけで文意が分かるようになる訓練をしましょう。

とにかく漢文は句型と基本的な単語を理解することがポイントです。集中的にやれば三ヶ月ほどでほとんどの入試に対応できるようになります。私は漢文に関しては上記のように学校で配られた文法書とセンターの過去問、そして東大の過去問しかやりませんでしたが、得点源にすることができました。

短期間に集中して取り組むことで素早くレベルを引き上げ、その分の時間を現代文や古文に回すのがオススメです。