【東大女子 石川】文武両道で東大を目指す!東大受験を諦めるか悩んだとき、彼女の背中を押してくれた言葉とは

「東大以外に行ってる姿が想像できない」

―部活中心の生活だった中で東大受験を意識し始めたのはいつ頃ですか?

高2の秋ごろに、漠然と(笑)

―漠然と(笑)

自分で明確に行きたい!って思ったわけではなくて、担任の先生に勧められたのと、同じクラスで同じくらいの成績だった友達が東大を目指すことにして、「なんなら一緒に東大目指さん?」って誘われたんです。将来やりたいことが明確に1つには絞れていなかったので、大学に入ってから学部学科を選択できる進学選択制度も魅力的で東大を目標にすることにしました。

―東大受験に対して悩みはありましたか?

高2の頃は、まだ将来やりたいことは決まってないし、先生にも「今からちゃんと勉強すれば行けなくもない」って言われてたから、東大を目指そうって思っていたけど、まだ漠然と目標にしているだけでした。自分は理系だけど理系科目は苦手で、いつも英語と国語で点数を稼ぐタイプだったんですけど、高3になってみんなが受験勉強を始めて、数学や理科の問題のレベルも上がってくると、それではだんだん通用しなくなってきてしまって…。理系科目の成績が伸びなくて、模試の判定もいつもよくなかったので、センター試験後は東大を受験するのか他の大学を受験するのか、かなり迷いました。センター試験の結果を受けての志望校判定もそれほどよくはなかったので、1度本気で志望校を変えようと思って担任の先生に相談したんです。すると、「なんでここまで頑張ってきたのにやめるんや。急に(志望校を)変えて嫌じゃないんか?もう1回考え直せ。」ってすごく止められたんです。でも自分は浪人したくないって気持ちもあって追い込まれていたから、すごく悩んで、センター試験後に担任と何度も面談しましたね。

―諦めないでほしいっていう先生の気持ちも、浪人したくないっていう気持ちも分かります…。

塾の先生とも何回か面談したし、仲のいい友達何人かにも相談しました。友達はみんな東大受験を応援してくれたし、相談にも乗ってくれました。「東大以外に行ってる姿が想像できない」「ここまで来たなら受けちゃえばいいじゃん」「東大の友達が欲しいわ~(笑)」って言ってくれました。特に「東大以外に行ってる姿が想像できない」という言葉にはかなり背中を押されましたね。母親も「100%無理だったら先生もそんなに東大を受けろって言わないだろうし、そうやって先生が止めてくれてるってことは望みがあるってことなんやろうから、私やったら受けてみるけどなー」って言って背中を押してくれました。自分でもだんだん、せっかく1年間やってきたんなら結果はダメでもいいから受けてみようかなって思い始めて。1年間いろんな先生や塾の先生や友達や親にも面倒を見てもらったし、東大受験を応援してくれたのに、ここで東大を諦めて他の大学を受験するのは、なんか違うなって思い始めたんです。ダメでもいいから突っ込んでみようと思いました。

―たくさんの人の温かい言葉が背中を押してくれたんですね。みんな、東大受験を諦めて他の大学に進学した後に、「受験していれば受かったかもしれないのに」っていう後悔をしてほしくないな、って思ったのかもしれませんね。




皆さんの意見を聞かせてください!
合格サプリWEBに関するアンケート