DUO3.0の特徴とおすすめの使い方・勉強法

DUO3.0を使った英単語の効果的な覚え方

DUO3.0の特長

①【DUO3.0】1つの例文で複数の英単語や英熟語が覚えることができる

多くの英単語帳は、1つの英単語につき1つの例文が載っていますが、『DUO3.0』では1つの例文で複数の英単語や英熟語を覚えるため、わずか560本の例文で大学受験に必要な英単語1600語や英熟語1000語とその用法を効率よく覚えることができます。

また、センターレベルの単語から東大受験に必要な単語まで幅広く収録しているため、大学受験における英単語帳や英熟語帳はこの1冊で十分なように構成されています。

②【DUO3.0】例文がおもしろくて覚えやすい

複数の英単語を重複なしで組み合わせた例文は質が低くて、不自然な英文になってしまうのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、『DUO3.0』の例文は米国の大学教授3人を含む15人のネイティブによって監修され、どれも質が高い自然な例文です。

『DUO3.0』の例文は質が高いだけでなく、面白くて記憶に残りやすいです。アカデミックなものから、バラエティに富んだ会話形式のものまであります。また、多くの個性的なキャラクターが登場し、ストーリーを通しながら楽しく例文を覚えることができます。

③【DUO3.0】復習用CDで1時間で復習できる

『DUO3.0』では『DUO 3.0 / CD基礎用』と『DUO 3.0 / CD復習用』の2種類の別売りCDが用意されています。

 

『DUO 3.0 / CD基礎用』では、例文の和訳→例文(ゆっくりなスピード)→例文の単語→例文(ネイティブスピード)という順に音声が流れます。時間がある人は、『DUO 3.0 / CD基礎用』を使いながら、じっくりと大学受験に必要な単語力を身につく事ができます。

一方で、時間があまりない人におすすめなのは、『DUO 3.0 / CD復習用』です。『DUO 3.0 / CD基礎用』と違い、560本の例文のみがネイティブスピードで読まれます。この『DUO 3.0 / CD復習用』を使えば、なんと1時間で560本の例文を効率よく復習できます。

DUO3.0のおすすめの勉強法・使い方

①【DUO3.0】例文をイメージしながら音読

英単語を覚える際で重要なのは、実際に声に出して音読することです。そうすることで記憶に定着しやすくなります。
『DUO3.0』の良さを活かすには、この音読をメインにして勉強するのがおすすめです。

まず、見出し語の単語を見ながらでいいので、自分で英文の和訳をしてみましょう。これができたら、『DUO 3.0 / CD復習用』を使って、例文の意味をイメージしながら、音読します。
最初はゆっくりなスピードについて行くのがやっとだと思いますが、それで大丈夫です。重要なのは繰り返すことですからね。

ネイティブスピードについていけるようになったら、次はシャドーイングに挑戦してみましょう。
シャドーイングとは、英文を見ずに音声のあとを追って音読することです。この時意識して欲しいのは、英文の音声を聞きながら、頭でその英文の和訳をイメージすることです。

②【DUO3.0】例文を暗記して英作文対策

前述のように、『DUO3.0』の例文はどれも質が高い自然な英文です。また、例文にさまざまな文法が満遍なく登場します。なのでこれら例文を暗記すると、和文英訳の対策になるのはもちろん、自由英作文で使える表現も増えます。

自分で一から英作文を書くと、細かいミスや文構造で間違える事が多いです。
『DUO3.0』で暗記した例文を使って英作文を作れば、名詞などをちょっと変えるだけできれいな英作文を書くことができ、ミスも少なくなります。

③【DUO3.0】復習用CDでリスニング対策

最後に、DUO3.0はリスニングの対策としても使えます。

『DUO 3.0 / CD復習用』で英文がネイティブスピードで読まれますので、これを繰り返す聞くことだけで優れたリスニング対策になりますが、慣れてきたらさらに速度を早くして聞きましょう。

「語学プレーヤー」というアプリを使えば音声を0.5〜3.0倍の間でスロー再生したり、早送りしたりできます。これを使って『DUO3.0』の例文を繰り返して、1.5倍速で聞き取れるようになると、東大の英語リスニングもゆっくりに聞こえるようになります。