『授業の質と勉強の環境作りでサポートしてくれる』東大合格者に聞いた「河合塾・大学受験科(高卒生コース)」の魅力とは?

はじめに

難関大学への合格は狭き門。高校3年間の努力が報われる方もいれば、そうでない方がいるのも事実です。

自分の目標を叶えるためには「浪人」という選択をするのも一つの手段。

今回は現役時代に第一志望の東京大学で不合格となり、1年間河合塾に通われて見事東京大学に合格された菊山さんにインタビュー。

浪人生という選択をして、どのような1年間を河合塾で送られたのでしょうか。志望校合格に向けて、もう1年頑張ることを決めた人は、ぜひ参考にしてくださいね!

今回インタビューした方はこちら!

お名前 菊山稜平さん
出身高校 聖光学院高校
大学・学部 東京大学・文科三類1年
浪人時代の予備校 河合塾本郷校 東大文類アドバンスコース
合格大学 東京大学・文科三類(浪人時)
早稲田大学・法学部(現役時・浪人時)
慶應義塾大学・経済学部(浪人時)

現役時代はほとんど塾に頼らずに東大合格を目指すも不合格

ー いつ頃から東大に行きたいと考え出したのでしょうか?

東大を目指すということは、中学生になってすぐくらいから意識していたと思います。日本一の大学であることはなんとなく知っていましたし、当時読んでいた『ドラゴン桜』に触発された部分も大きかったです(笑)。高校2年生から選抜クラスが始まるということを意識し始めた時に、再び自分が行きたい大学はどこなのか考えることになりました。結局、中学のころ同様、日本一の大学を目指したいということになり、東京大学を目指すことを決意しました。

ー 現役時代、塾に通っていましたか?

 はい。国語と英語だけ通っていました。僕の通っていた聖光学院高校は、学校の授業の質がとても高く、塾に通っていない科目は学校の授業を軸にして勉強を進めていました。

 ただ、とても受け身な勉強をしていたと反省しています。塾も学校の課題もただ「こなすだけ」で、自分がどこが苦手でどんな勉強を今すべきなのか、という「分析」をしていませんでした。「一応言われたことはやっている」ということに安心して、主体的な勉強ができていませんでした。

ー 大部分の科目は、塾に行かず学校と自分で勉強していたのですね。具体的に現役時代の勉強について何か反省はありますか?

「こなすだけ」の受け身な勉強を高校2年間続けてしまったため、受験勉強を本格的に始めた時期がそもそも周りと比べて遅かったです。

高校3年生の演習の授業で、周りはスラスラと問題が解けているのに自分は手も足も出なくて……。それでやっと「自分やばいんじゃないかな」と焦り出しました。

地頭も良い方ではないので、もう高校3年生の残りの時間を使って、最速で最大限の効果を出す方法が必要でした。その方法を見つけるのが難しかったですね。明確な方法は結局見つけられなかったです。

苦手科目の数学は基本的なことからわからなかったので、高3の前半は過去問を解くことができず、教科書を一から見直し、徐々に理解していくことにしました。結局、教科書を理解し終えたのは、秋頃でした。結果、問題演習量が他に比べ圧倒的に足りず、模試の成績もずっと伸び悩みました。


 
苦手な数学以外の科目に力を入れることもできましたが、「近年の東大文類は数学ができるとかなり有利だ」と先生から言われていたので、数学で不利になるようなことは避けたいという思いで、秋以降は苦手科目の数学の演習に力を入れました。

12月・センター試験後には東大の過去問、一橋大後期の過去問を大量に解き、演習量の差を埋めて行きました。その結果、模試では30点を超えることのなかった数学は本番では60点を超えることができ、教科書からしっかりと基礎を固め、過去問演習をするという勉強法は間違っていなかったのだと実感しました。

しかし、高校3年生の限られた勉強時間のうちの多くを数学に割かなければならなかったことは後悔しています。本番では、数学は問題なかったのですが、もう1つの苦手科目である英語の弱点を分析して克服することができず、英語は得点源にはなりませんでした。

さらに、得意科目であったはずの国語の古文で、唯一苦手であった源氏物語が出題され、撃沈しました。問題を解いていて「失敗したな」という感覚はありましたね。

また、現役時代の世界史の勉強は迷走していました。下手な完璧主義が邪魔をして、瑣末な知識まで覚えなければという気持ちが働いて、東大に合格するためには必要ない勉強に時間を割いてしまっていました。

東大の世界史は「歴史の大きな流れ」を理解することを求めています。だから僕のやっていた「瑣末なことまで覚える」という勉強法は、東大が求めていることとは真逆だったと、浪人時代に反省しました。独学だからこそ迷走してしまった点は否めません。

ー 全体的に苦手科目の数学で手一杯だったのと、勉強法が迷走してしまったという点が不合格の原因だと考えているのですね。勉強時間はどれくらいでしたか?

現役時は、高校に隣接した自習施設か、通っていた塾の自習室を主に利用していました。1度に長く勉強することが苦手で、2、3時間勉強しては散歩する、ということを繰り返していました。

学校がある日は3時間、休日は6〜7時間、直前期は8〜9時間程度勉強していましたね。ただ、周りの友達と比べると勉強時間は少ない方だったと思います。

浪人して、「河合塾の環境」だからこそ出せた夏の東大A判定

ー 菊山さんは現役時代、他に合格した大学があったにも関わらず、どうして浪人する道を選んだのでしょうか?

意地、ですね(笑)。どうしても東大に行きたいという気持ちが強かったです。また、現役時代に「こなすだけ」の受け身な勉強をしていて、受験勉強に全力を出していなかった実感があったのも理由の1つです。

浪人を決めてから、予備校選びをどうすればいいか担任の先生に相談したら「絶対に合格したいという気持ちがあるなら河合塾に行きなさい。」とアドバイスをしていただき、通っていた塾をやめ、河合塾に通うことに決めました。

ー 高校の先生の勧めで河合塾に入ることに決めたのですね。実際には、河合塾をどのように利用していましたか?

河合塾は、浪人生活の1年間、最初から最後まで生活の中心でした。浪人生は生活リズムが崩れやすいので、僕は河合塾にできるだけ通うことで生活のリズムを整えていましたね。

ほぼ毎日1限の授業をとっていたため、それに間に合うように河合塾に行き、4限までの授業を受け、少し休憩を挟んで、閉館時間近くまで勉強する、そのルーティンでした。決められたこの生活サイクルは、勉強の目標をたて、ペースを作るにはとても便利でした。

また、河合塾は自習室が何種類かあるのですが、僕は開放自習室を利用して勉強していましたね。1日を通してみると、行きの電車内、4限の授業が終わってからの4時間強、そして帰路の1時間弱、帰宅後は2時間程度勉強していました。

夏までは本当に朝から晩まで勉強漬けで、かなり頑張っていたと思います。浪人生活を振り返って、夏までの勉強量が合格を決めるのではないかと僕は思いました。

ー 夏までの勉強量が合格を決める、というのはどうしてですか?

この時期の河合塾の授業は「基礎シリーズ」と呼ばれています。基礎シリーズで使うテキストには、全ての問題の土台となる基本的な知識が盛り込まれていて、このテキストを何回も復習しました。

東大は私大入試で出題されるような細かい知識問題よりも、基礎をしっかりと固めないと解けない問題が出題されるんです。だから、夏までの「基礎シリーズ」の期間に自分の知識として定着させることが、東大に受かる1番の近道だったんです。実際、この基礎がしっかり出来ていた人と出来ていない人では、同じ勉強時間でも、秋から取り組んだ「完成シリーズ」の定着度も全然違いました。この基礎の復習があったからこそ受かったと断言できます。

今述べたとおり、秋からは「完成シリーズ」が始まり、テキストの問題も実戦的なものになります。僕は、テキストの問題を「①初見でできた問題」「②途中まで解けたけど答えが出なかった問題」「③初見では全くわからなかった問題」の3パターンに区分し、②と③、特に③の問題はとことん繰り返し復習しました。

どうしてここまで復習を重視したかというと、河合塾の先生の「出来ない、出来る、速く出来る、の3段階があるが、出来ると速く出来るは全然違うんだ。」という言葉があったからです。
 
多くの受験生は「出来る」の段階で満足していると思いますが、「出来る」と「速く出来る」はぜんっぜん違います!!! 

「出来る」だけだと、その応用問題が出題されても解けません。また、「速く出来る」ためには、ただ問題をこなすのではなく「この問題においてポイントは何か」「初見の際に自分が見落としていたポイントはどこか」を逐一意識しながら解く、という深い理解が必要です。

「出来る」ではなく「早く出来る」ために、現役時代の量をこなす勉強をやめ、1問1問深く理解して解くための復習を重要視した勉強にシフトしました。この勉強法のおかげで、夏の模試では数学の点数をグッとあげ、安定して高得点を取れるようになりました。

>>河合塾で学力がのびる!!その秘密はこちらでご紹介

ー 河合塾で印象的だった講義や先生がいたら教えてください。

英語の墺先生の授業はとても印象的でした! 東大英作文に必要な「正しい英語の使い方」にフォーカスした授業は、作文のみならず、読解においても役立ちました。英語力だけではなく、英語を使った国語力も鍛えられたと思います。

文法的には間違っていなくても、設問で聞かれていない不要なことを英作文で答えていたりすることがあったら、そういう細かいところまで指摘してくださいました。

また、有名ですが、世界史の大人気講師の坂本先生の授業はとてもユーモアに飛んだもので、飽きることなく聞き入ることができました。近年の東大世界史の問題傾向の分析もなさっていて、「東大が何を求めているか」の理解にも役立ちました。

ー 授業の質がとっても高かったのですね!

 
はい。自分の志望校に合格するための勉強ができる環境が整っていて、授業の質も高く、勉強には最適な環境だったと思います。自習室の利用だけでなく、過去問閲覧や模試が無料だったり、チューターにいつでも相談できたりと、素晴らしい環境でした。

さらに、わからないことは即座に質問して解決することができる環境が整っていて、わからなかったところを反復して自分の力にする勉強ができましたね。

ー 他にも、河合塾に入ってよかったことはありましたか?

レベルの高い生徒と一緒に勉強することが出来たことですね。生徒の頭の良さには本当に驚きました。「えっ、なんで受からなかったの?」と思うような生徒もたくさんいましたね。そのような生徒の存在が自分の競争意識を高めましたね。結果として、自分の成績向上に繋がったと思います。
 

ー 浪人時代の科目ごとの勉強はどうしていましたか?

世界史に関しては知識の維持が課題でしたね。この「維持」という課題は多くの浪人生が悩むところだと思います。

数学は先述した通り、復習を重ね、自分の知識として更新することで維持しました。世界史も同様です。教科書を何度も読み込み、自分の知識として更新して行くこと以外、維持する道はなかったように思われます。
 
苦手だし嫌いな英語に関しては、現役時代しっかり勉強しておらず不完全燃焼だったので、まずは知識の底上げを図るために単語、文法を勉強し、河合塾の授業を通じて演習を重ねました。

このような勉強を重ねた結果、夏の東大模試ではA判定を取れるまでに成長して、本当に嬉しかったです。

▼2017年8月実施 第1回東大即応オープン
(実際の模試の結果)

科目 得点(偏差値)
英語(文系) 60(52.9)
数学(文系) 44(61.7)
国語(文系) 67(61.6)
世界史 37(65.0)
地理 33(61.4)
総合 241(64.1)

苦しい時期を乗り越えて、合格へ

ー 浪人時代、一番苦しかった時期はいつですか?

秋から冬にかけてですね。受験が近づいているという「焦り」とだんだん下がってくる「気温」が精神を圧迫してきました。

夏までは基礎知識の定着がメインで、成長を実感しやすかったのですが、秋以降の演習を積む時期は、夏前と比べ1番自分の力の伸びが感じにくい時期でした。「本当に自分は今合格に近づいているのか?」と、演習をしていて、不安に襲われることが多々ありました。

ー 河合塾で努力をたくさん重ねられたと思いますが、実際のセンター試験の結果はどうでしたか?

  
リスニングを除いて合計830点を取ることができ、9割を越えることができました。

▼菊山さんのセンター試験の実際の得点はこちら

科目 点数
英語 194 (※リスニング42点は除く)
数学ⅠA 85
数学ⅡB 85
国語 175(現代文85、古文45、漢文45)
理科 100(化学基礎50、生物基礎50)
世界史B 100
地理B 91
合計(リスニング除く) 830

正直ホッとしました。数学での計算ミスや国語の試験中の焦りなどがあって、かなりの失点をしているかと思いましたが、失点は最小限にすることができていたようで嬉しかったです。

もう少し点が欲しかったという欲もありましたが、世界史と理科での満点は達成感がありました。現役時はセンター試験のあと疲れて「センター燃え尽き症候群」になってしまったという反省があったので、二次試験対策への切り替えを最優先にしました。センター試験2日目は自己採点した後、二次試験の数学の過去問を数問解いてすぐ寝ましたね。

ー 二次試験に向けてどのような勉強をしましたか?

センター試験後は毎日を本番に見立てて勉強することを意識しました。

時間は常に測り、緊張感を持って問題を解きました。これによって本番の緊張は少しは和らいだのかなと思います。演習に使う過去問は、基本的に河合塾で閲覧できるものを利用していました。

また、世界史論述や数学に関しては少し変わった勉強法も試みていました。

1度やったことのある過去問を1問ずつに切り取って財布に入れ、帰り道に財布からランダムに取り出して、世界史論述なら「どのようなことを書くべきなのか」それらの背景知識を想起する、数学なら「どのような方針で解いて行くのか」「なぜその解法を取るのか」を思い描くという勉強法をとっていました。

東京大学に合格してみて

ー 合格発表のとき、どのような心境でしたか?

 
二次試験を終え、手応えはありました。1年間、「どうやって勉強をするか」を考え抜いて全力を出し切ったという自負もありました。だからこそかえって「もし落ちていたらどうしよう」「自分の1年間は正しかったのか?」という不安がまとわりついて、二次試験後は精神的にずっと辛かったです。

12時に結果発表だったのですが、なぜか12時前に家で父親からの連絡を受け、「合格していたぞ!」と伝えられました。正直「いや、まだ12時じゃないし本当に?」と疑いながら、ネットで結果を見ました。

そこにあった自分の受験番号を見て、今までにない喜びを感じました。床にしゃがみ込んで雄叫びをあげましたね(笑)

ー 実際に通ってみて、河合塾はどのような受験生に向いていると思いましたか?

 
月並みな言葉ですが、「本気で志望校に受かりたい生徒」におすすめします。もちろんゼロからであればその道のりは過酷なものになるとは思いますが、もし高3まで遊んでしまった、本気で勉強しなかったという生徒がいても、本気で河合塾で学ぶことができれば志望校に合格できると確信しています。

河合塾は生徒の本気を授業の質、勉強の環境づくりでサポートしてくれます。あとは自分の合格したいという気持ちの強さ次第です。

ー 最後に、読者へのメッセージをお願いします。

浪人は他の同級生と違って1年足踏みしてしまう、マイナスなことのように感じるかもしれません。けれど、それを悲観するのではなく、その1年で考え抜いて、考え抜いて勉強をしてみてください。結果は付いてくるはずです。

【PR】河合塾は2019年度新規入塾者を募集中!

今回インタビューした菊山さんも通っていた河合塾は新規入塾者を募集中です!

年度が変わるこの機会は、志望校合格に本気で向かう環境を整える良いチャンスです。
「本気で志望校に受かりたい」人は、ぜひ河合塾への入塾を検討してみてください!

>> 菊山さんが選んだ「河合塾 大学受験科」の詳細はこちらから

>> 無料で体験できるイベントや、入塾説明会も実施中!