『安心して勉強できる環境がある』慶應義塾大学合格者に聞いた「河合塾・大学受験科(高卒生コース)」の魅力とは?

はじめに

難関大学への合格は狭き門。高校3年間の努力が報われる方もいれば、そうでない方がいるのも事実です。

自分の目標を叶えるためには「浪人」という選択をするのも一つの手段。

今回は現役時代に第一志望に不合格となり、1年間河合塾に通って、見事、慶應義塾大学商学部に合格された井上さんにインタビュー。

浪人生という選択をして、どのような1年間を河合塾で送られたのでしょうか。志望校合格に向けて、もう1年頑張ることを決めた人は、ぜひ参考にしてくださいね!

今回インタビューした方はこちら!

お名前 井上夏帆さん
出身高校 横浜雙葉高校
大学・学部 慶應義塾大学・商学部2年
浪人時代の予備校 河合塾横浜校 早・慶・上智大文系アドバンスコース

自分の大切なことを優先するために選んだ「浪人」という選択肢

ー 現役・浪人時代の合格大学について教えてください。

現役時代は一橋大学の商学部を志望していましたが、センター試験で失敗してしまったので、一橋大学には出願せずに私立専願になりました。しかし、うまく切り替えができず、早慶の商学部は不合格でした。

浪人を決めてからは、通っていた塾をやめて河合塾に通い始めました。結果、浪人時には、早稲田大学の商学部、センター利用で明治大学の商学部などに合格できました。

ー 「切り替えができなかった」とありますが具体的にはどう切り替えできなかったのでしょうか?

メンタルとテクニックの2つの面で切り替えができませんでした。メンタル面では、やはり一橋大学への未練がありましたね。けれど、不合格の原因としては、テクニック面が大きかったです。

現役時代は国立志望で、科目数も多く、私立の対策をしている暇がありませんでした。「国立の対策をしていれば私立は受かる」という話をよく聞きますが、私はそれができませんでした。

現役時代、私は国立大入試二次試験向けの「記述」メインの対策ばかりをしていたので、センター試験の結果を受けて一橋の出願をやめることになったものの、私立大入試のマーク式で細かい部分まで求められる問題形式に対応することができませんでした。

国立と違って私立は、大学・学部ごとに入試問題の形態が全く違います。そこが切り替える上で難しいところだと思います。

ー センター試験での第一段階選抜ラインが低い、一橋大学の他の学部を志望することもできたと思うのですが、どうして浪人を選んだのですか?

自分のやりたいことを曲げてまで、「国立大学」という肩書きを重要視していないことに気づいたんです。センター試験の結果を受けて、「私は国立大学に行きたいのか? それとも商学部に行きたいのか?」って、自分のやりたいことをしっかりと考えました。

実は現役時代、早稲田の文化構想学部だけは合格をいただいていました。けれど、親が大金を払って通わせてくれる大学で自分のやりたいこととは違うことを4年間も学ぶよりも、「もう1年勉強して商学部に行きたい」という思いが自分の中でかなり強かったです。

同様に、「一橋大学」に行くよりも「商学部」で学ぶことが私の中で一番大切なことだと気づき、浪人することに決めました。

ー 井上さんは、「商学部で学びたい」という思いが強かったんですね。それは浪人時代の志望校選びにどう影響しましたか?

現役時代は国立大第一志望でしたが、浪人時代は私立一本に絞りました。理由は主に2つです。1つ目は、先ほど述べたように「商学部」に受かることが第一目標だったこと。2つ目は、得意科目と不得意科目の兼ね合いです。

商学部は基本、数学の配点が高めに設定されているのですが、私は理系科目が苦手でした。それで現役時代、理科系科目と数学で失敗したので、浪人時代は得意な英語と国語+1科目で受けられる私大の商学部に絞りました。

また国立をめざしても、苦手な数学に時間を割いてしまって、やれば伸びるはずの世界史などがおろそかになってしまう気がしました。また2浪はしないと決めていたので、私大の商学部に絞り、商学部の入試の科目選択も数学以外の方法で受験しました。

河合塾を最大限活用して浪人時代を過ごす

ー 井上さんは浪人時代、河合塾に通っていたそうですが、どうして河合塾に通うことにしたんですか?

実は、現役時代は別の塾に通っていて、心機一転したかったのがいちばんの理由ですね。通ったことがなかったので不安はありましたが、体験授業の時に相談に乗ってくれた職員の方がとても親切だったのと、授業や校舎が綺麗で雰囲気もとても良いと感じて入塾を決めました。

ー 実際に河合塾に入ってみてどうでしたか?

想像以上にオリジナルテキストの質が高く、他の教材をほとんど使わずに勉強できたのが印象的でした。

授業でわからなかったところをフェローに質問できたのがよかったです。例えば、英作文の細かい添削も外国人のフェローにお願いできましたし、国語の記述の添削も気軽にお願いできました。

学力が身につくテキスト!合格レベルの論述力を養う論述添削システム!河合塾で学力が伸びる理由はこちら!

また、チューターという、勉強ではなくてスケジュール管理をして「今の時期は〇〇だからこうしたほうがいい」といったようなアドバイスをしてくれる担当職員もいたので、「いつ願書を出さないと」「この時期はこの模試を受けないと」などと考える必要が無かったです。ここが自宅浪人の人との大きな違いの1つだと思います。

予定の管理や勉強の仕方なども細かく指導してくださる先生ばかりだったので、勉強だけに集中できる環境でした。この1年で絶対に受かるしかなく、後のない自分にとっては、勉強だけに集中できるこの環境はとてもよかったです。

ー 他にも河合塾に通ってよかったことはありましたか?

一緒に頑張る友達ができたことですね。予備校に入る前は、「友達は勉強の妨げになるのでは……」と正直不安でした。けどそれは逆で。一緒に頑張る友達ができたことで、お互いわからないところを教えあったり息抜きに話すことができて、それがモチベーションの維持につながりました。

浪人は、「1年間を勉強だけに捧げる」かなり特殊な時間だと思うんです。浪人生にとっての大きな壁として「メンタルケア」があると思うんです。ひとりでずっと勉強していると「この方法でいいのか?」と不安になりますし、特に浪人生の成績が伸び悩む11月は精神的にかなり辛いと思います。けど、一緒に頑張る友達がいることや、あらかじめ先生から「この時期は伸び悩む人が多いから」と伝えられていたおかげで、メンタルを保つことができました。

ー 得意/苦手な教科への取り組みはどうでしたか

 
現役時代、自分の苦手科目の多い入試形式の大学を志望したことで苦手な教科である理科系科目に時間を割きすぎて他の科目の点数を伸ばしきれなかった、という反省がありました。

だから、苦手な科目に関しては勉強時間を割く割合を増やしましたが、基本的に科目ごとにあまり差をつけず勉強しました。それよりも、私は私大の形式に慣れておらず、得意科目であってもその形式に順応するための対策をする方に力を入れました。

ー 現役時代の反省を活かして勉強法を変えたのですね!浪人してみて、実際の成績の推移はどうでしたか?

私は毎朝午前の授業を受けて、午後は塾が閉まるまで自習室で勉強をするという生活をしていました。その結果、夏の模試ではかなり成績が伸びて、A判定が取れるようになりました。

ただ、夏伸びた分その後伸び悩みましたね。夏までの成長がかなり大きかったので、それと比較すると、なんとなく伸びが浅いのではないかと秋になって不安になってきました。

いちばん苦しかったのは11月ですね。この時期は浪人生が全体的にスランプになりやすい時期で、メンタル的に辛かったです。そんなときは、河合塾の同じクラスの友達とご飯に行ったりして、気分転換をしていました。同級生はみんな現役で大学生になっているので、同じ悩みを語りあえる予備校の友達は貴重な存在でした。

ー 朝から河合塾に行って勉強していたとありますが、具体的にはどのように河合塾を利用していましたか?

私は家だと集中できないタイプだったので、「勉強は基本的に河合塾で完結させる」というスタイルで勉強していました。だいたい午前に授業が終わるので、午後は「次の日の予習→今日の復習→先週の復習」というルーティンをこなしていました。

塾で勉強を完結させたい私にとって、自習室が充実している河合塾はとてもよかったです!自習室と一口にいっても個別ブース型のものから空き教室型のものなど様々あって、気分によって自習室を変えていました。

また、河合塾では過去問の貸し出しも行っているので、志望度が高くない大学は貸し出しを利用して演習することもできました。

ー 河合塾で印象に残っている講義や先生はいますか?

特に印象に残っているのは、古文の村山先生と、英文解釈の丹羽先生の授業です!

河合塾の先生の特徴的なところは、授業を受ける前後の予習、復習方法まで細かく指導してくださるところです。

英文解釈は基本予習してから授業を受けるのですが、予習して理解したつもりになっているのに、授業ではその英文の背景や、ただ訳をするのではなくどの解釈(訳)がもっとも良いのか、というところまで深く掘り下げた授業で、勉強していて楽しかったです。

志望大学に合格してみて

合格発表の時はどんな気持ちでしたか?

合格発表は、ウェブで見ました。今までのことが報われたんだな、と思って親ととても喜びましたね。私は1浪までと決めていたので、もう後がない状況だったので、1年間全力で勉強してきた分、合格できているかどうかがとても不安でしたが、合格することができて、本当に嬉しかったです。

ー1年間通ってみて、河合塾はどのような受験生に向いていると思いましたか?

浪人生は、これからの一年をどう過ごすべきかいろいろと迷いや不安があると思いますが、河合塾は、時期に合わせたアドバイスを先生やチューターの方が細かくくださるので、アドバイスに従って努力すれば必ず成長できます。

大手ならではの情報量やノウハウ、質の高い講師が魅力だと私は思います。だから、勉強以外のスケジュール管理や勉強の仕方に不安を持ちたくない人は、プロのノウハウを活用して安心して勉強に集中できる河合塾はおすすめだと思います。

ー 最後に受験生に向けてアドバイスをお願いします

浪人生としての1年は、今まででいちばん、そしてこれからの人生においても、最も勉強に真摯に向き合う期間になると思います。浪人を悲観的に捉えるのではなく、勉強だけに集中できる機会を与えられたと肯定的にとらえて努力してほしいと思います。

もちろん受験は個人戦ではありますが、同じ境遇で頑張っている人たちと一緒に頑張るという考え方も大切だと思います。親のサポートがあっての浪人なので、あとで振り返った時に得たものがあったと言えるように過ごしてください。ぜひ一緒に頑張れる仲間を見つけて頑張ってください。

【PR】河合塾は2019年度新規入塾者を募集中!

今回インタビューした井上さんも通っていた河合塾が新規入塾者を募集中です!

年度が変わるこの機会は、志望校合格に本気で向かう環境を整える良いチャンスです。
「安心して勉強に集中できる環境を整えたい」という人は、ぜひ河合塾への入塾を検討してみてください!

>> 井上さんが選んだ「河合塾 大学受験科」の詳細はこちらから

>> 無料で体験できるイベントや、入塾説明会も実施中!