『得意科目と苦手科目の両方を伸ばせる』国公立大医学科現役合格者に聞いた「河合塾」の魅力とは?

はじめに

勉強しても思うように成績が伸びないことはありませんか。大学受験は高い目標だからこそ、成績が伸びないと焦ってしまうものです。

そこで、高校3年の一年間を河合塾に通い、見事浜松医科大学医学部医学科の公募推薦に現役合格した天野さんにインタビュー。

私立大学医学部医学科の一般入試にも挑戦し、受験したすべてに合格した天野さんは、高校時代にどのような生活を過ごし受験勉強をしていたのでしょうか?

受験勉強が不安でいっぱいの皆さんはぜひ参考にしてくださいね!

今回インタビューした方はこちら!

お名前 天野桃薫さん
出身高校 湘南白百合学園高校
大学・学部 浜松医科大学・医学部・医学科1年
所属サークル・ゼミ 野球部(マネージャー)、軽音楽部(キーボード)、社会医学ゼミ
他の合格大学 聖マリアンナ医科大学・医学部
東京女子医科大学・医学部
東邦大学・医学部
順天堂大学・医学部・医学科(一次試験のみ、二次試験は未受験)
河合塾の入塾時期 高3前の春
河合塾の受講講座 ONE WEX医進英語、ONE WEX医進化学(横浜校)

「患者さんを助けたい」医学科志望を決意

ー本日はインタビューよろしくお願いいたします。
まずは、志望校選びについて伺いたいのですが、志望校はどのように決めましたか?

初めは横浜市立大学をめざしていました。高校に推薦枠があったので意識していたのですが、私よりも評定平均が上のライバルがいて自信がなくなって諦めかけました。

そこで、浜松医科大学の公募推薦を学校の先生が教えてくださいました。

浜松医科大学は高校の先輩たちが毎年1、2人行っていて、いい環境なのかなと思って興味を持ちましたね。

ー先生が浜松医科大学を薦めてくださったのですね!
医学部をめざし始めた理由は何ですか?

もともと中学生くらいのときからずっとお医者さんがかっこいいと思っていました。両親が共に医療系の仕事をしたこともあり、医療系に興味がありました。

高2のときに、お医者さんだったら一番直接的に患者さんを助けられるかなと思って、そこから医学部を本格的にめざし始めました。

雰囲気の良さに惹かれ、河合塾に入塾へ

ーここからは河合塾について伺いたいのですが、通い始めたきっかけは何ですか?

得意だった英語を伸ばすためと、苦手だった化学を対策するために河合塾に入塾しました。

実はそれまで河合塾ではない他の塾に通っていたのですが、英語はすべて授業内容を終えてしまったんです。もっと英語をやろうにも、上のレベルをめざそうにも良い授業がありませんでした。

化学はあまり成績が伸びなくて、塾を変えようと思いました。

そこで、さまざまな塾の体験や春期講習を受けました。映像授業はあわなくてリアルタイムの方がちゃんと聞く気になり、結果的に一番河合塾が良くて河合塾に入ることに決めましたね。

ーさまざまな塾を体験した中で河合塾を選んだのですね!
他の塾と比べて河合塾の良さは何でしたか?

雰囲気が良かったです。自習室が綺麗など環境が良くて、授業もとてもわかりやすかったですね。

また、実際に通ってみてわかったことは、受験に関する資料をたくさん持っているので、チューター(進路の相談、アドバイスをしてくれるスタッフ)の人が志望校を一緒に考えてくたりと色々親切にしてくれました。授業以外でのバックアップもありましたね。

授業で習った問題が実際の入試で出題

ー授業はいかがでしたか?

英語も化学もとても少人数で集中できました

英語の授業は、テスト形式だったので毎回成績表が配られていました。自分の点数が悪いときは周りと比べて頑張らなきゃと思えて良い刺激になりました。

化学の高木先生の授業では、医学部の試験でしか出ないような式とか問題を教えてくださいました。

実際に私立大の医学部や浜松医科大の公募の生物の問題で、似たような問題が出て本当に有り難かったです。先生にはとても感謝しています。

ー授業で学んだことが実際の試験で生かされたのですね。
他にも印象的な内容はありましたか?

化学で覚えているのは、より良くて簡単に早く解ける解き方を教えてくださったことです。遅い解き方と早く簡単に解ける解き方を二つを黒板に書いていました。

他には、高校では医学部用の授業がなく、いろいろな学部志望の人が集まっていたので、医学部向けの授業を受けられて良かったです。

医学部の試験は特殊なので、医学部をめざしている人は医進クラスに行った方が、学校では解かないような問題を解けるのでオススメです。

休みの日も自習室に通い、成績アップ!

ー授業以外には河合塾をどのように活用していたのですか?

自習室によく通っていました。家でやるとあまり集中できなかったので、学校帰りや夏休みなど長期休みのような授業がないときも結構通っていました。

特に夏休みは開館時間と同時に行っていました。自宅から塾まで遠かったので、移動中に単語帳をやって勉強する習慣を作っていました。

ー河合塾に入ってから成績は変わりましたか?

入塾した頃の高3の初めは、いまいち成績が悪くて伸び悩んでいたのですが、夏休みに入ってから少しして上がっていって急に効果が現れました。

冬期講習は英語と化学以外に、苦手だった数学と化学のセンター対策講座を受けました。あと、大学ごとの対策講座も受けました。

こうして、センターでは全体で88%を取りました。D判定だった私立大学の医学科も合格することができました。

不安を乗り越えて第一志望に見事合格

ー実際に大学受験をしてみていかがでしたか?

私は浜松医科大学の公募推薦にチャレンジしてみましたが、不合格の可能性もあったので一般入試でも前期後期共に浜松医科大学に出願していました。

浜松医科大学の公募推薦は一般入試よりも早く結果が出ますが、私立大学の受験日程よりは遅かったので、国公立大学の勉強もしつつ私立大学も視野に入れて勉強していました

受験期はとても不安だったのですが、チューターがたくさん相談に乗ってくださいました。志望校の相談はもちろん、伸び悩んでた教科についての質問をしましたね。

また、公募試験で必要だった面接の練習志望理由書の添削もしてくれました。とても優しい人で心の支えでした。

合格したときは、とても嬉しかったです。正直受かると思っていなかったので安心しました。

ー最後に、受験生に向けてアドバイスをお願いします。

受験勉強は長くて大変に感じるかもしれませんが、あっという間に終わっていくので、ちゃんと時間を大事にしてほしいです。

努力すればその分実力となって返ってくると思います。応援しています。頑張ってください!

ーありがとうございました!

おわりに

河合塾に入塾し、得意科目と苦手科目の両方の成績を伸ばして見事浜松医科大学医学部医学科に現役合格した天野さん。

目標までに何が必要かを考え、勉強時間を有意義に使うことが、第一志望合格への近道なのでしょう。

みなさんも不安を乗り越え、努力を信じ、春に満開の桜を咲かせましょう!

【天野さんが通った河合塾 高校グリーンコースの案内はこちら】

【河合塾では無料体験授業・イベント実施中!】