『一人一人へのサポートが充実』東大合格者に聞いた「河合塾」の魅力とは?

はじめに

難関大学への合格は狭き門。高校3年間の努力が報われる方もいれば、そうでない方がいるのも事実です。

自分の目標を叶えるためには「浪人」という選択をするのも一つの手段。

今回は現役時代に第一志望の東京大学で不合格となり、1年間河合塾に通われて見事東京大学に合格された金谷さんにインタビュー。

浪人という選択をして、どのような1年間を河合塾で送られたのでしょうか。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

今回インタビューした方はこちら!

お名前 金谷光一郎さん
出身高校 都立日比谷高校
大学・学部 東京大学・工学部電子情報工学科3年
浪人時代の予備校 河合塾本郷校 プレミアム東大理類コース
合格大学 東京大学・理科二類(浪人時)
東京理科大学・工学部化学科(現役時)
東北大学・理学部化学系(現役時後期)
慶應義塾大学・理工学部学門3(現役時・浪人時)
慶應義塾大学・薬学部薬科学科(浪人時)

現役時代は“進振り”に惹かれ東大を受験するも不合格

ー志望校を考え始めたのはいつ頃でしたか?

高校1年生くらいです。進路指導の先生が「志望校は高く」みたいに言っていたのでとりあえず東大に。

高3の5~6月くらいに、成績的に志望校を変えた方がいいかなあと思ったこともあったんですけど、京大模試でいい成績をもらえて、東大もいけるんじゃないかと思って(笑)

あと、化学系の大学ばかり考えてたんですけど、本当に化学に決めちゃっていいのかという不安があったんですね。

進学選択方式(進振り)がある東大の方が自分にあってるんじゃないかと思い、東大を目指しました。

ー現役時代を振り返って、何か反省点はありましたか?

一番の反省点は、周りの人の様子を気にしすぎて自分の勉強に集中できなかったこと。

友達が何を勉強してるのかばかり気になって、自分の勉強をおろそかにしてしまって。
参考書も結構目移りしてしまったので、それが大きな反省点ですね。

それからメンタルが弱かった
例えば京大模試はA判定だったのに、同時期に受けた東大模試はD判定で。東大になると急に怖気づいちゃうところがありました。

ー気持ちを強く保てず集中できなかったことが反省点だと考えているのですね。他にも合格大学がある中で、あえて浪人を決意したのはなぜでしょうか。

僕は中学、高校、大学をそれぞれ受験したんですけど、全部第一志望に落ちていたんですね。

現役で東大に落ちたとき、親は「慶應大でも東北大でも好きなところに行きな」と言ってくれたんですけど、どっちに行くにしろすごくお金がかかるじゃないですか。

今まで塾代とかでたくさんお金をかけてもらって、さらにお金を使うのが申し訳なくて……親のためにも受かりたいなと思いました。

それに慶應大にも東北大にも受かったので、本当は東大に受かる実力があるんじゃないかと。

あとはやっぱり東大の進振りに惹かれてたっていうのがありますね。

面倒見のよさに魅力を感じ河合塾を選択

ー浪人時の予備校として河合塾を選んだ理由を教えてください。

まず姉が通っていて、面倒見がいいと聞いていたからですね。

現役時代は頼りにできる大人が身近にいないと感じていて、一人で抱え込むことが多かったので、面倒見てくれるところがいいなあと。

それから、僕の通っていた日比谷高校って理系もほとんど河合塾に行くんですよ。だから流された(笑)

あとは以前通っていた塾で教えてくれていた先生が河合塾でも教えていたからですね。

ー他の塾にも通ったことがあるのですね。他塾と比べて河合塾ならではの魅力はありましたか?

本当に面倒見がいいなと感じましたね。

チューターが頻繁に面談してくれて、自分の不安を共有できてよかったと思います。
頼りになる大人が一人いるだけで精神的に安定しました。

自習室の環境もよかったです。講義をやる教室で自習できる開放型と、個別に仕切られているブース型があって、いろんな環境で勉強できました。

あと質問対応してくれる先生がいつも待機してくれていたので、すごく質問しやすかったですね。

ー個人へのサポートが充実していたのですね!

はい。
個人的に、塾とか予備校って「お金をむしりとろう」「合格実績をあげよう」とばかり考えているような気がしていたのですが、河合塾は違うなと感じました。

講習を取りすぎないようにアドバイスしてくれることもあって、本当にその人が第一志望に合格できるように、一人一人の将来を見据えて考えてくれているなと思いましたね。

河合塾を信じて苦手を克服

ー河合塾での1年間、勉強はどのように進めていましたか?

年間通じて、河合塾で習ったことすべてを吸収するつもりで取り組んでいました。

特に夏前かな。現役生も浪人生も勉強に身が入らない時期にたくさん勉強したおかげで目に見えて偏差値が上がって、その後も成績をキープしました。

▼金谷さんの1日の過ごし方

ー勉強はどこでしていましたか?

いろんなところでしました。塾にある開放型自習室とブース型自習室、それからラウンジも利用しましたし、自宅やカフェでも勉強しました。

入試本番で隣にどんな人が来ても集中できるように慣れておいた方がいいのかなと思って、意図的に場所を変えて勉強するようにしてましたね。

ブース型の自習室にこもってやる人が結構多いんですけど、開放型自習室とか、カフェみたいな騒がしいところとか、あえて周りの目につくところに行くと本番に近い状態で勉強できるのでおすすめです。

本番でも、現役時代は全然集中できなかったけど、浪人の時はすごく集中できました。

ー普段から入試本番を意識していたのですね。苦手な科目はどのように勉強していましたか?

僕は物理が苦手だったんですけど、現役時代の反省点としていろんな参考書に手を出してしまったというのがあったので、まずそれをやめました。

河合塾のテキストだけを本当に完璧にしようと思って、6~7周くらいしたかな。問題を見た瞬間にすべての解法がわかるくらいまで量をこなしましたね。

あとは別解を考えるようにしたおかげで、新しい問題が出てきたときにどのアプローチがベストかという選択をしやすくなりました。

最終的に物理は得点源になりましたね。

▼浪人時の実際の得点はこちら。確かに物理で高得点を取れています!

・センター試験

科目 得点
英語 192
英語リスニング 44
数学ⅠA 98
数学ⅡB 100
国語 153
物理 100
化学 92
地理B 89

・二次試験

科目 得点
英語 73
数学 81
国語 40
物理 47
化学 41
総合 282

ー河合塾で特に印象に残っている先生がいたら教えてください。

英語の高沢先生。授業後に過去問を持っていくと、その場で添削してくれたんですよ。

行列ができるくらい人気だったんですけど、1人20分くらいかけて本当に丁寧に教えてくれて、そのおかげで結構英語の力がついたかなと思います。

あと物理の苑田先生ですね。「東大物理は9割取れないと話にならない」とか言ってすごく煽ってくるので、尻を叩いてもらってというか。

別解を用意してくれたり、補講をしてくれたりとすごく献身的で、「先生が頑張ってるから自分もやらないと」と思えました。

ー熱心な先生がいらっしゃるのですね!生徒はどんな雰囲気でしたか?

僕のクラスは全部で80人くらいでした。15人くらいのグループになって得点を争ったりしてましたね。最下位は1位にジュースおごるみたいな(笑)

高め合う雰囲気があってよかったと思います。

入試直前の苦しさを乗り越えて見事合格

ーいちばん苦しかった時期はいつでしたか?

センター後の1ヵ月は苦しかったですね。現役生が追ってきてる感じがあったり、周りの人が受験を終わらせていったり。

あとは浪人していて今年は絶対受からなきゃというプレッシャーもあったので、そういう重圧で勉強に手がつかないような感じでした。

ー苦しいときはどう対処しましたか?

「今勉強しても手につかないな」と感じたら、1時間くらいぶらっと散歩に行ってリフレッシュしました。それで苦しさは和らいだかな。

散歩に限らず、自分なりのリフレッシュ方法を見つけられるといいと思います。

ー気分転換を大事にしていたのですね。現役時代はメンタルが弱かったとお話しされてましたが、どのように克服しましたか?

単純なんですけど、試験開始前ずっと「できるできるできる」って言うんですよ。ほんとにずっと(笑)
言葉にするだけで「よっしゃいける」って気になります。

ネガティブな人とか自分に自信がない人こそ、「自分はできる、これだけやってきたんだから大丈夫」って意識するだけで自信が湧いてくると思います。

ー合格を知ったときはどんな気持ちでしたか?

合格発表は自分の部屋で見ました。

両親に「受かったよ」と報告して、人生で初めて嬉し泣きして。人間って嬉しいと本当に泣くんだな、と。初めての第一志望合格でしたしね。

今でも鮮明に覚えているくらい良い思い出です。

ー河合塾はどんな受験生におすすめだと思いますか?

身近に頼れる大人がいないと感じている人に特におすすめです。僕自身、チューターにも先生にも恵まれたと思います。

あとはテキストもすごくよかったなと思います。いろんな参考書に手を広げがちな人には、「河合塾のテキストを信じてやってれば大丈夫」と言いたいです。

ー最後に受験生にメッセージをお願いします。

自分の弱みを一番よくわかるのは結局自分。

頼れるところは周りの大人に頼りつつ、最後は自分で考えて弱みを一つ一つ克服していけば、東大は絶対手に届くところにあると思います!

【金谷さんが通った河合塾 大学受験科の案内はこちら】

【河合塾では無料体験授業・イベント実施中!】