古文単語ゴロゴ

4907422008.jpg
この記事は 2016年04月17日に更新されました。

>>Amazonレビューを見る<<

古文単語に悩む全ての受験生に

この参考書は、古文単語に不安を抱える数多く受験生たちに適しています。

古典文法を知らなくても十分に使える本なので、古典を初めて学ぶ人にもとっつきやすい一冊だと思います。

スポンサーリンク

ゴロで一気に

この参考書はその名の通り、古文単語をゴロで一気に覚えることができる一冊です。

基本的な単語から、差がつく難単語までしっかりと網羅されているため、様々なレベルの受験生たちに向いています。

もちろん、重要単語には例文も付いているので心配なしです。

手強い多義語もしっかりカバー

古文単語には多義語が多いです(例えば、「あやし」など) 。このような多義語は普通、覚えるのが困難ですが、この本を使えば大丈夫!

すべてのゴロは、多義語の意味を全て覚えられるようにできているので、そういう厄介な単語もしっかりとおぼえることができます。

複数の意味を持つ単語も怖くありません!

気に入るかは個人差あり

この本はゴロを使って覚えるという独特なアプローチをとっているので、ダジャレやゴロが好きな人はものの1週間程度で覚えることができるようですが、そうでない人には不向きです。

一度書店に行って、実際に現物を眺めてから購入したほうが良いでしょう。

この本の使い方

比較的読みやすい一冊なので、1、2日あれば一周できると思います。それを5回、10回と繰り返してみましょう。

そうすれば、すべての単語を確実に覚えることができると思います。

「そんな時間はない!」という人は「頻出度ランク」を利用しましょう。

この本に出てくる全ての単語には、出る度順でランクA、B、Cという分類がなされています。

なので、時間がない人はランクA、Bだけでもやればある程度効果を見いだせるはずです。

>>Amazonレビューを見る<<

PICK UP!

Z会通信教育[PR]

学力の土台となる「読解力」「基礎力」の養成に役立つ2冊セットを希望者全員にプレゼント。
難関大合格に圧倒的に強いZ会から、夏限定の提案です。

「学力が伸びた!」といえる夏にするために、ぜひご活用ください!