Z会 現代文のトレーニング シリーズ

4860661249.jpg
この記事は 2016年04月17日に更新されました。

>>Amazonレビューを見る<<

シリーズ紹介

「Z会 現代文のトレーニング」 シリーズは5冊からなり、難易度もジャンルも幅広いです。

入門編 現代文のトレーニング (入試基礎レベル)
必修編 現代文のトレーニング (入試標準レベル)
小説編 現代文のトレーニング
私大編 現代文のトレーニング
記述編 現代文のトレーニング (入試難関レベル)

スポンサーリンク

現代文の対策をしたい全ての人へ

レベル別になっているので、現代文の対策を始めたいと考える人から、難関大を志望するも現代文に不安を抱える人まで向いているでしょう。

癖が少ない参考書なので、どの参考書が良いか迷っている人は選ぶといいかもしれません。

練習問題を通して読解力を養成

多くの演習問題が収録されており、それを解いて、解説を読みながら読解の仕方を確認するという形式になっています。

本文解説では図を使った説明で分かりやすく、設問解説も丁寧に解説されているので疑問が残らず取り組める参考書になっています。

読解力が身につきやすい構成になっている

最初は読みやすい、解きやすい文章の問題で、徐々に難易度があがるように配置されているため無理なくレベルアップできます。

また、多様なジャンルの文章が収録されているためにバランスよく学習することができます。

文章に書いてあることと、読み取れることの違いが分かりやすい

参考書によっては、実際に書いてあることと、そこから読み取れることがごっちゃになって解説されることがありますが、この参考書の本文解説では「文章で述べられていること」に対して「そこから読み取るべきこと」を対比的に書いています。

これにより、文章以上の誤った推論をしてしまうことなく、正確な読解の目安になります。

一日一題を目安に

現代文の問題集は、単純に解くことではなく、どういう考え方のもとでこの答えを書いたのか、というプロセスが重要です。

そのため、一気に解くよりは丁寧に一題ずつこなしましょう。

それでも解き方は忘れてしまうものなので定期的にもう一度解いて、本当に理解したかを確認すると効果的な学習が可能です。

>>Amazonレビューを見る<<