速読英熟語

487915640X.jpg
この記事は 2016年04月17日に更新されました。

>>Amazonレビューを見る<<

入試基礎から難関大対策まで幅広い層が対象

文章が難しすぎず文章中で扱っている熟語も基礎レベルのものからあります。
英熟語の勉強を始めたばかりの1年生から、熟語の総復習をしたい高校3年生まで幅広く使うことができます。

スポンサーリンク

読みやすい英文から熟語を学べる

まず150〜250ワードの英文があり、その後に、その英文内に出てきた熟語や構文と類語が一覧になっています。
英文は、最新の入試問題から厳選されていて易しすぎることもなく難しすぎることもなく、長文に慣れるという意味での対策にも使えます。

長文、構文の対策もできる

英熟語というタイトルながら、長文にでてくる熟語だけでなく構文もしっかりと掲載されているので、この1冊で構文対策もできます。
また、英文を音読することで長文やアクセントの対策もできます。
さらに、別売りのリスニングCDを使えば、リスニング対策もできますし、巻末にまとめられている文法の解説でより英文の理解を深めることもできます。

このように、個人のレベルやレベルアップしたい目的にあわせた勉強ができます。

飽きがこない仕組み

速読英熟語で扱われている英文は、内容が面白く自分の興味分野が含まれていたり、興味がない分野でも楽しく英文を読むことができます。またレイアウトがシンプルで飽きがこないこともあって、一冊を使い続けることが苦手な人にもオススメです。

おすすめの使い方

期間を決めて赤シートを使いテスト感覚で何周かするという使い方がおすすめです。
学校や塾の授業や過去問などで出てきた熟語にマーカーで印をつけていき、全部の熟語に印がつくことを目標にするという使い方も良いでしょう。

また、英語長文を読んでいてわからない熟語がでてきたらまず速読英熟語で調べる癖をつけていきましょう。知識の定着に繋がります。

>>Amazonレビューを見る<<

PICK UP!

スタディサプリ[PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。

今なら無料登録で1ヶ月間無料&もれなくAmazonギフト券2,000円がもらえる!!