ゴロゴ板野の現代文解法565(ゴロゴ)パターン集 増補

4434129287.jpg
この記事は 2016年04月17日に更新されました。

>>Amazonレビューを見る<<

現代文解法の基本的のきを学びたい人へ

現代文の問題を解くには、様々なコツが必要になります。(接続語や強調表現にはチェック・感情移入して読まないなど)そのようなコツを初めて学ぶ人にこの本は向いています。

国語が得意な生徒には簡単すぎるかな、という印象を受けるので、そういう人はより難易度の高い参考書をやってみましょう。

スポンサーリンク

現代文のテクニックをわかりやすく紹介!

この本では、現代文の基本的な解き方を解説したものです。

文章中で筆者が言いたいことをきちんと受け取るためにはどのような箇所やどのような表現に注意して読めば良いかを解説しているので、センター試験対策から記述問題の下準備にもなります。

実践問題も掲載!

この本の特徴は、実践問題を掲載している点です。

テクニックの紹介をしたあと、そのテクニックをどうやって使うかを解説してくれているので、自分が実際にテクニックを使う時の参考になります。

即効性は△

現代文において、読解テクニクも大事ですが、それだけではなかなか点数は伸びません。

読解テクニックを身につけたら、語彙力や教養を身につけましょう(難解な評論を読みこなしたり、近代の文学を読むのに必要になるため)。

それをやって初めて点数が上がると思うので、この本一冊だけの勉強はオススメできません。

この本の使い方

スキマ時間を活用して読むので十分だと思います。

もし自分の知らないテクニックを見つけたら、学校の授業や宿題などでそのテクニックが使えないか模索してみましょう。

そうすれば実践力がつき、センター試験や記述模試の成績が上がります。

また、先程も述べたとおり、語彙力や教養を身に付ける努力は怠らないようにしましょう。テクニックを身につけたところで本文が全く意味不明な状態では点数も期待できないからです。

>>Amazonレビューを見る<<

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。